理由

マンション売却の理由と売却方法

転勤が決まったらマンションはどうするか

転勤

転勤が決まって購入したマンションから引っ越さなくてはならなくなったときに知っておきたい、マンション売却と賃貸それぞれのメリット・デメリットを解説します。

転勤が決まってからの動き

転勤が決まると、今の家から引っ越すことになります。転勤先の住まい探しをして引っ越しの準備を進めると同時に、住んでいるマンションを売却するか賃貸にするか決めなければなりません。転勤する前までに、売却先や賃貸先の目途が立っている状態にすることが重要です。

転勤後に手続きをするのでは遅すぎます。転勤に住宅ローンの支払いは続いているので、住宅ローンの残債を返しつつ、次の赴任先での住居費も支払わなくてはならなくなってしまうからです。売却するか賃貸にするかをまず先に決めなければ、経済的に苦しくなってしまうのです。
→マンション賃貸経営のメリットとデメリットを知りましょう

マンション売却のメリット

転勤のタイミングでマンションを売却するメリットは、
・手元にお金が入ってくる
・売却時に一括返済をするので、住宅ローンを完済できる
・固定資産税などの税金も以前住んでいたマンションの分は払わなくていい
以上の3つです。
特にマンションを売却する一番のメリットは、現金が手に入ること。得た現金で住宅ローンを完済できるのは大きな利点です。住宅ローンは基本的にローンの契約者が住居にするという条件で行われます。転勤先の新居で住宅ローンを申請したくても、マンションの住宅ローンを完済していない限り他の高利なローンでの購入を余儀なくされます。

また、マンションの場合は所有しているだけでも維持費や管理費といったお金が毎月かかってしまいますから、月々の経費がなくなるだけでも負担はずいぶん軽くなるでしょう。

マンション売却のデメリット

マンション売却のデメリットは、
・売却先が決まらないと、新居と併せてダブルローンを支払う可能性がある
・収益物件としてマンションを持っていた場合、家賃収入がなくなる
の2つです。
一番のデメリットは、家賃収入を得る機会を失うこと。
売りに出しても、買い手が見つからなければ売却することはできません。もし引っ越しまでにマンションを売却できなかった場合、ダブルローンを抱えてしまう可能性もあります。マンションの売却時には住宅ローンの残債を一括返済する必要がありますが、残債額よりも売却価格が安かった場合は、足りなかった分を自分で用意しなければなりません。

賃貸で貸すメリット

賃貸で貸すメリットは、
・家賃収入で住宅ローンの返済金額をカバーできる
という点です。
マンションを手放すわけではないので、転勤先から2~3年で戻ってくることが分かっている場合は、定期借家(借主が期間を延長できない賃貸契約)にして、一時的に賃貸にするという手もあります。

住宅ローンの支払いは続きますが、賃貸料で住宅ローンの返済金額をカバーできる場合は手元にマンションを残しておき、賃貸するという方法がおすすめです。

賃貸で貸すデメリット

マンションを賃貸にするデメリットは、
・空室リスク
・住宅ローンが二重になるリスクがある
上記の2点です。
最大のデメリットは、空室のリスクが高いこと。マンションの住宅ローンの返済と重なれば経費がかさんで、結果的に赤字になってしまいます。さらに、賃貸にすると税金の支払いも続きます。転勤先の新居の費用と並行して住宅ローンの返済や税金の支払いをしなければならないので、金銭的に余裕がなければ賃貸にするのは得策とはいえません。

貸すより売却がおすすめ

賃貸は、維持するリスクが高いのが難点。住宅ローンの返済や税金の支払いなどは続けていかなければいけないので、維持できるだけの経済力が必要です。また、借り手が必ずつくとは限らないのも大きなリスク。空き家になってしまうと、マンションは維持費がかかるだけの存在になってしまいます。

売却するか賃貸にするかはケースバイケースですが、手元にマンションを残しておく明確な目的がない場合や、帰ってくる時期の目途が立たない転勤の場合には、マンションを売却することをおすすめします。

関連記事

Pagetop