理由

マンション売却の5つの理由と売却方法

住み替えで上手くマンション売却をするには

住み替え

子育てや定年退職、高齢化などによる「住み替え」は、マンションを売却するにあたって1番多い理由です。ここでは、住み替えを有利に進めるためのノウハウを解説します。

住み替えによるマンション売却のニーズとは

マンション売却を考える理由で1番多いのが「住み替え」です。住み替えの理由は人によって様々ですが、多くは「今住んでいる物件の広さや立地などが生活に合わなくなったから」といった理由で売却しています。

そのため、離婚や住宅ローンの返済不能といった一部を除いて「今後マンションを売却しようか考えている」という検討段階の人がほとんど。今すぐの売却を求めるというよりは、「多少時間がかかっても納得のいく価格で売却したい」と希望しています。

住み替えをする人の特徴

生活環境に変化がある人が多い

住み替えを検討する人の特徴は、子育て・定年退職・高齢化などによる「生活環境の変化」があるということです。子育ての場合、「出産や子どもの成長とともに、今のマンションでは狭いと感じるようになった」「子どもが巣立って夫婦2人になったので、今の住まいでは広すぎるから」といった理由が挙げられます。定年退職の方は「都心部に住んでいたけれど、定年を機に地方にある実家の近くに引っ越したい」、高齢者は「自宅から近い場所にスーパーや病院がある、利便性が高い場所に住みたい」と考えるそうです。

一部ではありますが、離婚による別居・死別によって住んでいるマンションを手放す人や、金銭的な理由で住宅ローンの返済が困難になったため住み替えを選ぶ人もいます。

売却・買取どちらが得する?住み替えにオススメの売却方法

希望の値段で売りやすい「売却」がオススメ!

住み替えをしたい人にオススメの売却方法が、不動産会社に仲介してもらって買い手を探す「売却」です。
業者が買主となる「買取」の方法だと、希望通りの価格で売却できないことがほとんど。住み替えを急いでいないのであれば、納得のいく条件で買ってくれる人を探すほうが良いと言えます。「子どもの進学に合わせて引っ越したい」「1年後に定年退職が決まっている」などが事前に分かっているならば、手放す時期をあらかじめ決めてから売却に向けて動いていくのがベスト。

直前になって急いで買い手を見つけるのではなく、早めにリサーチして納得のいく条件で購入してくれる買い手を見つけることが大切です。

その際に気をつけるべきなのが、「新しい住まいの購入と今住んでいるマンションの売却、どちらを優先するか」ということ。次の物件が決まっていないまま今のマンションを手放してしまうようなことがないように、売却の時期を考慮してくださいね。

住み替えで売却の際に業者を選ぶポイント

複数の不動産会社に査定を依頼する

売却が決まったら、まずは複数の業者に査定を依頼しましょう。複数業者への査定は、一括査定サイトを利用するのがオススメです。複数の業者が算出した査定価格をまとめて比較できるため、より高い価格で売却できるところを探せます。

マンション売却に強い業者を探す

マンション売却に強い業者を選ぶことで、スムーズに買い手が見つかる可能性が高くなります。全国規模の業者だから早く買い手が見つかる、とは一概に言い切れません。高い価格で売ってくれる腕の良い業者を見極めてください。

住み替えの経験・知識が豊富なスタッフがいる

「マンション売却が初めてで不安…」という人は、お願いする業者に売却経験や知識が豊富なスタッフがいるのかも確認しておくべきです。売却の際、住宅ローンの有無や税金などで予想以上にお金がかかってしまう可能性があります。経験豊富なスタッフに担当してもらえば、損をしない住み替えができると思いますよ。

マンション売却に強い不動産会社5選 マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

Pagetop