理由

マンション売却の理由と売却方法

離婚でマンションを売却するなら

離婚

離婚時にマンションを売却する理由をケースごとにまとめてみました。売却の際に気をつけておきたい業者選びのポイントも紹介します。

離婚するときマンション売却をする人が多い

離婚を考えている夫婦の多くがマンション売却をするのは、マンションを手元に残しておくと住宅ローンを肩代わりしないといけなくなったり、所有者が勝手にマンションを売却してしまったりするなどの問題が発生するからです。離婚後のトラブルを避けるための対策として、どうしてマンションを売却するのがベストなのかチェックしてみましょう。

【ケース別】離婚時にマンション売却をすべき理由

1、どちらか一方の名義人がマンションを所有しているケース

マンションを共有名義で所有している場合、双方の同意がないとマンション売却をすることはできません。しかし、どちらか片方が名義人の場合、その名義人の独断でマンションを売却することができるため、離婚前に自分の財産だと思っていたマンションが離婚をきっかけに失ってしまう可能性があります。そうならないためにも、離婚前にマンションを売却して財産を均等に配分することをおすすめします。

日本では夫婦のどちらか片方だけが働いている場合でも「夫婦の協力のもと生活が成り立っていた」という考えがあるため、財産を均等に分与できます。離婚後の経済的な問題を未然に防ぐためにも、離婚前にマンションを売却したほうがいいでしょう。

2、連帯保証人になっているケース

夫婦どちらかの名義の住宅ローンで購入し、もう一方は連帯保証人になっている場合、債務者が住宅ローンの返済を滞納してしまうとトラブルの原因となります。財産分与による話し合いで一方の連帯保証契約を解除することもできますが、銀行の決定が必要なため、簡単に連帯保証人を抜けることはできません。自分がマンション所有者の連帯保証人になっている場合、住宅ローンを借り換えるか、代わりの連帯保証人を連れてくる必要があります。

しかし、リスクの高い連帯保証人を代わってくれる人はなかなか現れないもの。離婚前に協議して、マンションを売却するのがベストな解決策と言えるでしょう。

3、賃貸で貸そうと考えているケース

マンションを売却せずに賃貸にして、そこで得た家賃収入を慰謝料や養育費に回す方法もありますが、あまりおすすめできません。どちらかが名義人の場合、好きに売却されてしまう可能性があるからです。入居者の家賃滞納や破損・事故などが起きた場合、家賃が途絶えたり修繕費を支払ったりしなくてはならないことも。ある日、突然自分に請求がくるといったリスクも考えられるのです。

退去時にトラブルになった場合でも裁判を起こす必要があるため、面倒な手間や支出が増えてしまいます。どうしても賃貸にしたいと考えている方は、一度不動産会社に相談して安定した収益が見込めるのか、リスクはどの程度あるのかを判断してもらいましょう。

離婚時にマンション売却をどこに依頼すべきか

離婚によるマンション売却を考えている方へ不動産業者を選ぶ際に押さえておいてほしいポイントは2つ。「任意売却の経験が豊富か」と「買取保証があるか」です。


不動産業者を選ぶポイント

・任意売却の経験が豊富

任意売却とは専門の不動産コンサルタントが仲介して、住宅ローンを組んでいる債務者と金融機関との調整を行うことで、不動産売買価格がローン残高を下回っても売却できる仕組みのことです。住宅ローンが残っている状態で離婚する場合、競売にかけると低額で落札されてしまう物件が多いのが現実。さらに、落札された後には土地や住まいからすぐに退去しなければなりません。任意売却であれば、債権者の判断でマンションを売却することができます。任意売却に強い不動産コンサルタントを選ぶのが重要です。
→マンション売却に強い不動産会社3選


・買取保証がある

買取保証とは、一定期間内にマンションの購入者を見つけることができない場合に業者が買取ってくれる制度のことです。離婚に伴うマンション売却は財産分与の関係上、高く売るよりも早く売ることのほうが大切。買取保証であれば期間を設定することができるので、離婚協議と同時にマンション売却も進められます。
→マンションの買取と売却の違いを知りましょう

関連記事

Pagetop