データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[山口編]

山口におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~山口のマンション価格相場一覧~

中国地方の西部にある山口県は本州最西端の県でもあります。山口県のマンション売却取引は、交通や経済、産業の要衝である下関市や再開発が進む宇部市、県庁所在地の山口県が中心です。こちらでは、この山口県の主要3都市について、マンション売却の価格相場や今後の動向について検証していきます。

山口の売出価格相場

東を除く三方が海に囲まれており、おおむね温暖な気候が特徴である山口県は、それらを活かした商業が活発におこなわれています。なかでも発展し、人口も多い下関市・宇部市・山口市の相場をご紹介します。

下関市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 500~2,000万円
3K/3DK  
3LDK 420~2,700万円
4K/4DK  
4LDK 550~3,000万円
5LDK以上  

宇部市

1R  
1K/1DK 50~170万円
1LDK  
2K/2DK 480~500万円
2LDK  
3K/3DK  
3LDK 680~2,100万円
4K/4DK  
4LDK 440~1,900万円
5LDK以上  

山口市

1R  
1K/1DK 90~150万円
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 720~2,500万円
3K/3DK 300~350万円
3LDK 750~2,700万円
4K/4DK  
4LDK 700~3,400万円
5LDK以上  

山口のマンション売買の動向

山口でマンション売買をうまくおこなうには、これまでと現在の状況を把握したうえで、きちんと今後の変動を予測していく必要があります。エリアごとの状況や、実際の数字をみてみましょう。

売却価格の変動

本州の最西端である山口県では、特に日本海と瀬戸内海に面する下関市が県の中核となっています。下関港では貿易が盛んなほか、名物であるフグなど海産物の流通も活発です。都市としての開発も進んでおり、人口も山口県で最も多いため、マンション売却取引も多く行われている地域です。また宇部市は商業施設が多い市街地として栄えており、山口宇部空港は空の玄関口として利用されています。そして県庁所在地である山口市は、行政や商業の要衝として機能しているのです。
この山口県の主要3都市において、2016年の中古マンション平均価格を見ていきます。まず下関市ではおよそ1,440万円が平均価格で、坪単価の平均はおよそ66万円です。2015年と比べてマンション平均価格は若干伸びており、特に駅から徒歩6分までの比較的近い物件が増えたことで、価格が引き上げられたものと考えられます。また築年数の古い物件がわずかに減少していることも原因の1つでしょう。
宇部市を見てみると、中古マンションの平均価格はおよそ1,140万円で、坪単価の平均はおよそ51万円となっています。こちらも2015年のデータと比べると上昇傾向にある数値です。原因としては、駅からの平均距離が縮まり、駅により近い物件が増えたこと、また宇部市でも築年数の古い物件が減ったことがあげられます。そして、築20年以内の物件数が上昇しているのも特徴でしょう。
山口市の中古マンション平均価格はおよそ1,370万円で、坪単価の平均はおよそ66万円です。こちらでも2015年より平均価格が増加しており、好調といえるでしょう。物件の中で築年数の比較的古いものの割合が減ったことで、相対的に価格が上昇したものと考えられます。駅から徒歩10分以上の物件数も増加していますが、平均価格の下落に及ぶまでではないようです。

売買成約数

マンションの売買成約数を山口県全体で見てみると、2014年に一度落ち込みを見せており、2015年に若干持ち直しているものの、2016年には再び下降しています。2017年にかけても売買成約数は下降気味に変動する可能性もありますから、市場の動向はこまめにチェックしておきましょう。
2011年から2015年までの売買成約数を都市別に見たとき、宇部市では山口県全体と同様の動きを見せている一方、下関市ではほぼ横ばい、山口市では若干の上昇となっています。売買価格では、下関市は若干の上昇、宇部市では2015年にいったん落ち込んだ後に少し持ち直した形、山口市でも2015年~2016年は上昇しています。いずれの都市も上昇傾向ではあるため、今売れば高値で取引できる可能性はあるでしょう。

今後の動向

では、下関市・宇部市・山口市のマンション売却について、今後の動向を予想してみましょう。まず下関市の場合、築3年以内の新しい物件が減少しています。もし新しい物件を売りたいと考えているなら、今が売りどきです。駅からの距離では、徒歩3分以内の物件や10分以内の物件は、比較的売りやすい傾向にあるといえます。間取りでは3LDKや4LDKが特に人気を博しており、ファミリー向けのマンションの需要は引き続き見込めます。
宇部市では、築年数6年以内の物件の取引がしばらくない状況です。このくらいの築浅マンション売却なら、チャンスがあると考えていいでしょう。駅からの距離で言えば、徒歩10分以内の物件は競争率が高くなると予想されますが、車を持っているファミリー層に向けた3LDKなどのファミリー向け物件なら、駅から徒歩20分程度の物件でも需要があると予想されます。そのため、多少駅から距離があってもマンション売却のチャンスはあるでしょう。
そして山口市を見ると、築年数6年以内の物件は競争率が低めと見られます。このラインの物件を売るなら、価格も高めに見積もっていいかもしれません。駅からの距離では徒歩3分以内、また6~10分以内の物件については売るのにねらい目といえます。間取りではやはり3LDKや4LDKの取引が多いですが、シングル向けの1Kの取引もコンスタントにあり、単身の人のマンション売却もおすすめです。

マンション売却に強い不動産会社5選 マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

Pagetop