データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[東京編]

東京都のマンション売却価格相場

東京23区や都下エリアの、マンション売出価格相場をご紹介しています。

マンション売却の参考情報~東京のマンション価格相場一覧~

東京で販売されているマンションの売出価格データを集計して、価格の相場をご紹介しています。23区および都下それぞれのエリアの価格相場をチェックして、売りたいマンションがあるエリアのおおまなか価格を知ることができます。

東京の売出価格相場

まずは、東京23区および東京都下エリアについて、それぞれのマンション売り出し価格相場をチェックしてみましょう。以下は、東京23区および都下エリアの間取り別価格相場です。売出中の物件が分布している価格帯を示しています。

東京23区

1R 501~8,000万円
1K/1DK 501~7,000万円
1LDK 501万~2億円
2K/2DK 501~6,000万円
2LDK 1,501万~3億円
3K/3DK 501万~1億5,000万円
3LDK 1,001万~3億円
4K/4DK 2,001~2,500万円
4LDK 2,001万~1億円
5LDK以上 2,001~3億円

東京都下

1R 501~8,000万円
1K/1DK 501~7,000万円
1LDK 501万~2億円
2K/2DK 501~6,000万円
2LDK 1,501万~3億円
3K/3DK 501万~1億5,000万円
3LDK 1,001万~3億円
4K/4DK 2,001~2,500万円
4LDK 2,001万~1億円
5LDK以上 2,001~3億円

過去5年のマンション売却価格動向

それでは、近年のマンション売却価格のデータから、現在のトレンドを読んでいきましょう。東日本不動産流通機構のマーケットウォッチのデータから、動向を分析していきます。

売却価格の推移

過去5年ほどのデータを見ていくと、東日本大震災以降は売却価格の下落が見られます。大震災のあった2011年3月は平米単価が50.87万円となっていますが、2012年11月には最低の48.08万円まで下落しています。
しかし、翌月の安倍政権誕生から平米単価は上昇を続け、2014年12月には59.34万円を記録。2015年に入ってもゆるやかに上昇を続けており、一時は60万円を超えるほどに。2015年6月現在は59.65万円となっており、上昇もひと段落の気配が見えます。

成約件数

マンション売買の成約件数を見てみると、過去5年のピークは2013~2014年にあったことがわかります。特に売買の多くなる2014年2月には2,000件弱の売買が行われています。
しかし、年間成約数を見ると2013年は17,688件、2014年は16,000件となり、2012年以降の上昇傾向は落ち着いたように見えます。東京オリンピックの開催もあり、不動産価格は依然として上昇しているため、売り手の強気の姿勢が反映されているように思います。

依然として売り手市場、ただし警戒は必要

2015年の成約件数動向を見ると、年間を通してのピークである2~3月は及ばないものの、全体的には2014年と同水準で推移しています。
円安が追い風となって海外投資家が日本市場に注目していることもあり、しばらくは売り手に有利な状態が続きそうです。しかし、消費税増税や円安の解消といった状況の変化によっては、トレンドが大きく変わる可能性もあります。
売り手市場が長く続くと楽観するのではなく、市場の動向には常に目を向けましょう。

マンション売却に強い不動産会社5選 マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

Pagetop