データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[徳島編]

徳島におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~徳島のマンション価格相場一覧~

徳島県は四国の東部に位置する県で、鳴門海峡の渦潮は全国的にも有名です。内陸では四国山地の一部を擁し、山や川の自然に多く触れることができる地域です。マンション売却取引は主に徳島市が中心で行われています。この徳島県のマンション売却価格の相場や今後の動向について見ていきましょう。

徳島の売出価格相場

徳島県のなかでも県庁所在地である徳島市、淡路島とのあいだにある鳴門海峡で有名な鳴門市、県南の行政や交通機関の要である阿南市は、マンション売買に向いていると言えます。実際に、これらの都市の相場をご紹介しますので参考にしてみてください。

徳島市

1R  
1K/1DK 110~530万円
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 750~1,200万円
3K/3DK  
3LDK 100~3,400万円
4K/4DK  
4LDK 840~4,000万円
5LDK以上  

徳島のマンション売買の動向

徳島でマンション売買をおこなうのであれば、時期の見極めは重要なポイントになってきます。これまでどのような変動があったのか、また現状を把握し、うまく取引をおこないましょう。

売却価格の変動

徳島県は海や山、そして川の豊かな自然に囲まれ、鳴門のうずしおや阿波踊りなどを見に訪れる観光客も多い地域です。一方で、徳島市は県庁所在地として行政の中枢を担っているほか、地域に密着した商業施設が多く、商業や経済の中心ともなっています。交通面では高速道路で愛媛方面にアクセスすることもでき、大鳴門橋から淡路島を通って明石海峡大橋を渡り、兵庫県に出ることも可能です。
徳島県全体のマンション平均価格を2016年のデータで見ると、およそ1,080万円となっており、坪単価の平均はおよそ54万円です。鉄道沿線では、JR徳島線のマンション平均価格はおよそ840万円、坪単価の平均はおよそ49万円となっています。JR牟岐線のマンション平均価格はおよそ1,140万円、坪単価の平均はおよそ54万円で、JR高徳線ではマンション平均価格およそ1,240万円、坪単価の平均はおよそ55万円です。この3路線の中では、JR高徳線沿線が一番高い価格であることがわかります。
そして、県内で最もマンション売却取引が行われている徳島市を見ると、マンションの平均価格はおよそ1,080万円で、坪単価の平均はおよそ52万円となっています。JR沿線と徳島市のデータを2015年と比べたとき、価格が上昇しているのはJR徳島線のみで、そのほかのデータではおおむね下落傾向です。
JR徳島線の平均価格が上昇したのは、2016年に築年数の浅い物件、また駅から徒歩10分以内の物件が増えたことが原因と見られます。一方、他のデータで落ち込みを見せているのは、築6年以内の物件や駅近物件の減少、そして築20~40年の物件の増加があるためです。

売買成約数

徳島県のマンション売買成約数を2012年~2015年までで見ると、時期によって上下を繰り返しながら若干右肩上がりになっている傾向にあります。2016年~2017年も、蛇行しながら増加することが見込めますが、マンション売却を考えるなら売る時期を見極めてきちんと計画を立てるのが得策です。
売買価格については、2012年には平均が1,000万円台であったのに対し、2015年には1,200万円台と若干の伸びを見せています。ただし、前述のように2016年は平均価格が少し下落している地域が多いため、今後の動向についてはこまめにチェックしておく必要があるでしょう。

今後の動向

徳島県のマンション売却について今後の動向を予想してみましょう。JR沿線ではいずれも駅から徒歩6分以内の物件は層が薄い印象です。JR徳島駅周辺の物件を売却するのであれば、比較的すぐに売れる可能性はあります。マンションの数自体は駅から徒歩10分以上離れた場所に多くなっており、車を持っているファミリー向けにマンションを売るなら、競合は多いものの需要は見込めます。
築年数に関しては、築年数10~40年の物件の層が厚くなっています。そのため、ある程度築年数が経ったマンションは今後も競合が多くなると考えていいでしょう。間取りに関してはファミリー向けの3LDKや4LDKが多くなっていますが、シングル向けの1Kや1DK、2人向けの2DKや2LDKの物件もコンスタントに取引されています。間取りタイプにかかわらず売れるチャンスはあると見られます。

関連記事

Pagetop