データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[栃木編]

栃木県でのマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~栃木県のマンション価格相場一覧~

栃木県は関東地方ではそれほど地価の高い県ではありませんが、人の集まるエリアは不動産取引も安定的にあり、中古マンションの需要も少なくありません。特に県庁所在地でもある宇都宮市内では住宅の売買も多くなっています。ただし、栃木県内全体で住宅の取引が盛んとは言えず、エリアによっては良い条件で売るのが難しいかもしれません。

栃木県の売出価格相場

栃木県内の主要エリアにある中古マンションの売り出し価格相場をチェックしてみましょう。土地ごとの間取り別の相場となっているため、自分のマンションとの比較もしやすくなっています。
マンションには1Rからファミリー向けの物件まで幅広いタイプがありますが、エリアごとの需要によっても価格には差が出ます。栃木県内ではその差が比較的顕著に表れていることにも目を向けてみましょう。

宇都宮市

1R 220万円~270万円
1K/1DK 25万円~440万円
1LDK 350万円~880万円
2K/2DK 260万円~800万円
2LDK 250万円~3,130万円
3K/3DK 1,050万円~1,090万円
3LDK 530万円~3,240万円
4K/4DK  
4LDK 950万円~2,900万円
5LDK以上  

足利市

1R  
1K/1DK 150万円~240万円
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 420万円
3K/3DK  
3LDK 350万円~1,300万円
4K/4DK  
4LDK  
5LDK以上  

栃木市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 1,900万円
3K/3DK 300万円
3LDK 2,700万円
4K/4DK  
4LDK  
5LDK以上  

栃木県のマンション売買の動向

栃木県の中古マンション売買の傾向を知るには、県庁所在地でもあり、人の多く集まるエリアである宇都宮市を中心に考えていくと良いでしょう。宇都宮市以外のエリアでは、物件価格が高くても物件数が少ないなど、データを一般化して比較しにくいため、一応の目安として考えておきましょう。

売却価格の変動

栃木県内のマンションの売却価格は、栃木市、鹿沼市で比較的高く、ついで宇都宮市、小山市が高くなっています。栃木市の2016年の平均売買価格は1,860万円、栃木駅周辺の駅近物件では2,000万円を超える物件も多くなります。
宇都宮市の2016年の価格相場は不調で、1年前と比較すると-11.7%の1,192.5万円と下落しています。これは、築40年以内の古い物件が増加し、反対に築浅物件が減少したことが原因です。平均築年数は2015年の19.2年から2016年の23.3年と上昇しています。
足利市では、2016年の平均価格は647.2万円となっており、これは前年比+26.2%の大幅なアップです。
小山市では、2016年の平均価格は1066.1万円で、前年よりも-11.6%と不調になっています。比較的古い物件が減少したものの、全体的な価格の引き上げにはつながっていません。駅から徒歩20分以上の物件が多いことも価格が伸び悩む原因です。

売買成約数

栃木県内のマンションの売買成約数は、足利市で前年と変わらず、小山市では増加傾向となっています。小山市では、前年よりも+88%の大幅な増加が見られます。しかし、宇都宮市では、反対に-19.4 %の減少となり、やや不調です。栃木県全体を見ると、2014年ごろから横ばいとなっています。

今後の動向

栃木県内の土地価格は下降傾向となっており、やや上昇しつつあるエリアも今後、急激に価格が上昇することがあるとはいえません。そのため、戸建てや中古マンション売却においても、売却を本気で考えているのであればタイミングを見て早めの決断も必要となりそうです。
宇都宮市では、新築物件数は増えているものの独身者向けのワンルームが増えて、一般的なファミリー物件が減少する傾向となっています。そのため、ファミリー向けの物件を持っている場合には、今後家族での入居を考える人の需要が増えれば良い条件での売却も可能となるかもしれません。
また、栃木県内のマンションを沿線別に比較すると、東北新幹線沿線の坪単価が比較的高く、JR沿線が低くなっています。築年数の増加による下落率も東北新幹線沿線が最も抑えられています。県内の物件の平均築年数は上昇しているため、エリアによっては土地価格の下降に伴ってマンションの価値が下落していく可能性があるでしょう。

関連記事

Pagetop