データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[静岡編]

静岡におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~静岡のマンション価格相場一覧~

東海地方に位置する静岡県は、県庁所在地の静岡市や、人口が県内最大である浜松市、東部の中心となる沼津市が主要な都市です。今回は、この3都市のマンション売却相場や動向について見ていきます。この地域でマンション売却を考えている人は参考にしてください。

静岡の売出価格相場

気候の穏やかさや、都市として発展してきていることもあり、暮らしやすい街を探す人にはぴったりだと言えるのが静岡県です。なかでも静岡市・浜松市・沼津市の3つの主要都市は、人口が集中していることもあり、物件の需要も決して低くはありません。それら3つの都市の相場をご紹介します。

静岡市

1R  
1K/1DK 100~950万円
1LDK 350~2,000万円
2K/2DK 50~1,100万円
2LDK 270~6,500万円
3K/3DK 620~2,395万円
3LDK 300~7,200万円
4K/4DK 52~2,204万円
4LDK 1,500~4,000万円
5LDK以上  

浜松市

1R 140~310万円
1K/1DK 28~330万円
1LDK 30~2,900万円
2K/2DK 100~1,730万円
2LDK 100~2,600万円
3K/3DK 410~1,548万円
3LDK 40~6,100万円
4K/4DK  
4LDK 560~4,100万円
5LDK以上  

沼津市

1R  
1K/1DK 120~250万円
1LDK  
2K/2DK 290~2,245万円
2LDK 420~2,400万円
3K/3DK 460~1,082万円
3LDK 430~2,600万円
4K/4DK  
4LDK 1,000~3,700万円
5LDK以上  

静岡のマンション売買の動向

東西に長い静岡県では、これからの動向についてもエリアごとに大きく様子が異なってくるでしょう。実際に数字を見ながら、どのくらいの価格で売却できるか予想し、今後の傾向について推測していく必要があります。

売却価格の変動

静岡県の中でも、今回ピックアップした静岡市・浜松市・沼津市はいずれも主要な都市です。静岡市は県庁所在地として県の中枢を担っており、政令指定都市である浜松市の規模は静岡県随一を誇ります。沼津市も特例市であり、行政や金融の要衝として機能する都市です。
都市としての発展が進み、人口も集中している静岡県の主要3都市における中古マンション売却価格について、2016年のデータをもとに見てみます。まず静岡市では価格の平均がおよそ1,690万円となっており、坪単価の平均はおよそ92万円です。この数値は2015年よりも増加傾向にあり、比較的築年数の浅いマンションの数が飛躍的に伸びたことによるものと考えられます。一方で、築年数の古いマンションの数が減少していることも理由に挙げられるでしょう。
中古マンションの売却数に関しては、駅から少し離れた場所の物件数が増えている一方、駅近物件は大幅に減っています。それでもマンション売却価格が上昇しているのは、築浅の物件の取引数がそれだけ増えたためといえます。
浜松市の中古マンションの価格平均はおよそ1,120万円で、坪単価の平均はおよそ52万円です。2015年の価格相場よりも若干減少しており、その原因としては取引物件の中で築年数の古いものが増え、駅近物件の取引数が減って高額の物件が取引されにくくなったことが原因です。浜松市では特に標準的なファミリーマンションの売却数が増えており、わずかながらファミリー層の流出が起きていることが考えられます。その他、比較的築年数の浅い物件の数も増加傾向にありますが、マンション売却価格の上昇に影響を与えるほどではありません。
そして沼津市に関しては、中古マンションの平均価格はおよそ1,370万円で、坪単価の平均はおよそ63万円となっています。2015年と比較するとその価格はわずかに下がっており、駅から少し離れた地域の物件数がかなり増えていることが原因に挙げられます。また、築年数の古い物件は減少傾向にありますが、価格の高い駅近物件の数も大幅に減少しており、マンション売却価格の下落に大きな影響を与えているのです。

売買成約数

静岡県全域における中古マンション売買成約数を見ると、おおよそ180~250件あたりを上下しています。その中でも2016年12月~2017年2月間の数値は落ち込んでおり、好調とは言いがたいようです。直近の2016年9月~11月の売買成約数と比較すると、およそ30件ほど減少しています。
一方で、成約価格に関してはここ2年間でゆるやかに上昇しており、2016年12月~2017年2月の価格はおよそ1,480万円と、約2年前に比べて190万円ほどの差異があります。つまり、マンション売却に成功すれば、比較的高額での取引も可能になるといえるのです。

今後の動向

今回ピックアップした主要3都市の今後の動向を、都市ごとに見ていきます。まず静岡市では、駅から少し遠い物件、また築浅の物件数が増加していますから、車を所有しているファミリー層向けの新築マンションが増えている傾向にあると考えられます。一方で駅近物件の売却数はかなり減っていますから、駅周辺の物件を売却するならチャンスかもしれません。
浜松市でも静岡市と同様の傾向があり、駅から遠いファミリー層向けの物件の売却は若干厳しいと見ていいでしょう。駅近物件に関しては需要が高いと考えられ、今後もその需要は増加していくことが予想されます。特に浜松市は静岡県内でも一番人口が多い都市であり、市の南部は交通の便もいいですから、この地域における物件の需要が増えていきそうです。
沼津市においても、駅から距離のある物件の売却数が増加傾向にあり、駅近物件に関しては減少していることから、駅周辺の物件は売りどきかもしれません。沼津市には行政や金融の中枢機関が多く、利便性が向上しています。沼津駅周辺の物件には、今後も高い需要が見込めそうです。

関連記事

Pagetop