データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[島根編]

島根におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~島根のマンション価格相場一覧~

中国地方の日本海側にある島根県は、宍道湖や大橋川を擁し豊かな自然に恵まれており、また出雲大社を始めとした観光名所も有名です。島根県のマンション売却取引は県庁所在地の松江市と、出雲市が中心です。売却価格相場や今後の動向について見ていきましょう。

島根の売出価格相場

かつて出雲国、石見国、隠岐国の三国からなっていた島根県は、現在でも三つの地域にわけられることが多くあります。古き良き町並みや豊かな緑、また海にも面していることなど、その穏やかさに惹かれ移り住む方は少なくありません。島根県で人気のある都市の相場をみてみましょう。

松江市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK  
3K/3DK  
3LDK 950~2,048万円
4K/4DK  
4LDK 2,200~3,300万円
5LDK以上  

浜田市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK  
3K/3DK  
3LDK  
4K/4DK  
4LDK  
5LDK以上  

出雲市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK  
3K/3DK  
3LDK 1,600~1,680万円
4K/4DK  
4LDK  
5LDK以上  

島根のマンション売買の動向

島根のどこで取引をおこないたいのか、誰をターゲットにするのかによって、読んでいくべき動向も異なってくるでしょう。ここでは、都市ごとの実際の価格や、売買成約率などをご紹介します。

売却価格の変動

島根県の県庁所在地である松江市は、古くから城下町として栄えており、経済や行政の中枢です。松江市を中心とした周辺地域は、中海・宍道湖経済圏を形成しており、山陰全体の中心として機能しています。出雲市は、島根県第二の都市です。八百万の神が集うとされる出雲大社を擁しており、そのほか歴史的建造物も多く残っている地域です。島根県のマンション売却はこの2都市が中心となって行われています。
2016年の中古マンション売却価格などをデータで見ると、松江市では中古マンションの平均価格はおよそ1,590万円であり、坪単価はおよそ68万円です。この数値は2015年と比べて若干減少しています。ただし、2015年と2016年を比べると取引件数が13件から8件に大きく減少しているため、一概に単価を比較することはできません。
出雲市の中古マンション平均価格はおよそ1,640万円で、坪単価の平均はおよそ87万円となっています。平均価格は2015年よりも10%近く上昇しており、マンション売却を考えている人にとってはうれしい数字でしょう。駅との距離平均はだいたい11~12分あたりとなっており、比較的利便性の高い物件が売りに出されているとみられます。
一方、鉄道沿線で見てみると、JR沿線の中古マンション平均価格はおよそ1.540万円となっており、坪単価の平均はおよそ70万円です。2015年と比べるとわずかにアップする結果となっています。この原因には、比較的駅に近い物件が増えたことが考えられるでしょう。そして一畑電車沿線では、中古マンションの平均価格はおよそ2,060万円、坪単価の平均はおよそ85万円です。価格は2015年よりも下降傾向となり、主には比較的築年数の古い物件が増えたことが原因です。
これらの地域におけるマンション売却物件は特に3LDKや4LDKが主流となっています。広い土地を確保できることや、ファミリー層をターゲットにしているのがその要因でしょう。

売買成約数

ここ5年ほどのマンション売買成約数を見ると、松江市では2013年から急激に上昇している傾向にあります。特に松江市でマンション売買数が多いのは、国立大学の近隣、県庁にほど近いエリアが主です。これらの地域への需要が高まり、マンション売買数が多くなったと考えられるでしょう。
一方出雲市の売買成約数は、2014年から下降しています。JR出雲駅周辺は交通の便がよく利用しやすいエリアですが、駅近物件については売買の動きがあまりないことから、定住する人が多いと取ることもできます。

今後の動向

松江市では、駅近のマンション売却数が増えていますが、依然として駅から遠い物件数も多くあります。そのため、今後も駅から離れたマンション売却においては、競合物件との争いが厳しいものになると予想されます。売却物件の築年数では10年以上のものが多いですから、築10年以内の比較的新しい物件は売りどきかもしれません。
出雲市の場合、マンション売却件数自体が少ないのですが、その分競合物件が少なく売りやすいと見ることもできます。さらに、駅近物件の需要はある程度存在すると予想されますから、駅周辺の物件を売るならチャンスでしょう。売却物件の築年数は6~10年の比較的新しいものが多いため、より売れる物件となれば築6年以内がベターです。
そしてJR沿線については、駅から徒歩6分以内の物件が増加している傾向にあります。しかし、徒歩6~10分の徒歩圏内にある物件の層は薄く、この条件のマンション売却を考えているならチャンスかもしれません。築年数ではやはり築10~20年の物件数が多くなっているため、競合は多いと考えられるでしょう。とはいえ、築10年以内の物件は数が少なくなっていますから、売りに出せば比較的高値が実現するともいえます。 一畑電車沿線では、マンションの取引数自体があまり多くありません。駅周辺のマンションも少なく、売りに出ているマンションがあっても駅から徒歩10~20分の物件が主です。築年数では、築10年以内の比較的新しいマンションが売りに出される傾向にあります。競合物件自体があまりないため、今後定住したい買主がいれば、駅からの距離や築年数にかかわらず売れるチャンスは十分にあるでしょう。

関連記事

Pagetop