データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[大分編]

大分におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~大分のマンション価格相場一覧~

大分のマンション売却の際に気になるのが、いくらぐらいで売れるのか、市場の相場はどれくらいなのか、ということでしょう。相場を調べてからのほうが適切な価格が付けられるため、マンション売却を考えている方はチェックすることをおすすめします。

大分の売出価格相場

大分のマンション売出価格相場を、間取り別にまとめてみました。1R~5LDKに区分し、わかりやすく表にしてあります。各間取り別に相場を調べたり、地域ごとの価格の違いを調べたりするのに活用してみてください。大分市、別府市、中津市の相場を表にしてあります。

大分市

1R 40~180万円
1K/1DK 100~350万円
1LDK 290~950万円
2K/2DK 200~1,800万円
2LDK 540~1,800万円
3K/3DK 700~1,100万円
3LDK 85~2,800万円
4K/4DK 1,100万円
4LDK 110~4,390万円
5LDK以上 820~1,900万円

別府市

1R  
1K/1DK 200~380万円
1LDK 560~930万円
2K/2DK 240~750万円
2LDK 898~3,200万円
3K/3DK  
3LDK 470~2,100万円
4K/4DK 700万円
4LDK 85~2,580万円
5LDK以上  

中津市

データなし

大分のマンション売買の動向

国土交通省が発表したデータから、大分のマンション売買傾向を読み取ってみましょう。これまでに売買されたマンションの売却価格の変動、成約件数を紹介します。これらの情報から、大分のマンションが今度どのように変化していくか紹介します。

売却価格の変動

大分のなかで販売価格が高いのは、大分市です。平均価格は1,044万円となっており、別府市の1,038万円とくらべて高値となっています。築年数の増加にともないマンションの価格が下がりやすいのが大分市で、別府市のほうが下落しにくいようです。
大分市のマンション価格相場は、1年前に比べてマイナス2.4%とわずかに下がっています。販売件数も103件から87件と減少しています。近年の取引傾向としては、築10年~20年の比較的新しい物件や、駅から徒歩20分以上の物件が増加しているようです。
別府市における中古マンション平均価格は、1年前と比べてプラス2.4%と、わずかに上昇しました。販売件数は24件で、1年前の40件と比べて減っています。近年は駅から徒歩3~6分の駅から近い物件が増えていることが、価格の上昇傾向につながっているようです。

売買成約数

過去2年間の大分県の中古マンション売買契約数をみてみましょう。2015年4月から2017年3月までで、3ヶ月あたり28~50件と時期により多少異なります。販売件数が一番伸びたのが2015年10月から12月の50件で、次いで2015年4月から6月の45件が高くなっています。一方で2017年の1月から3月は28件と、あまり活発ではありません。平均成約価格では、2016年4月から6月の1,495万円や、2017年1月から3月の1,518万円が高値となりました。坪単価も前年度と比べて上昇しているようで、直近2年間のなかで2017年に入ってから高値で推移していることがわかります。2015年10月から12月の成約価格は951万円で、この時期からくらべるとかなり値上がりしているといえます。大分県では2017年に入って成約数自体はあまり伸びていないものの、平均成約件数は上昇している傾向があります。

今後の動向

大分市の平均価格が下落した背景は、駅から近い物件の数が減少したためです。ただし、築40年以内の古い物件が減少し、築6年未満の築浅物件が増加していることから、今後上昇する可能性があるでしょう。また、駅から近い物件の供給量が減っており、大分市のマンションで駅から6分未満の物件のマンション売却を考えている場合では、高値が期待できるかもしれません。大分市内で高値をつけているのは、勢家町の2,578 万円、明野東の2,023万円、大字下群の1,966万円、碩田町の1,871万といったエリアです。
別府市では1年前と比べて価格が上昇したのは、駅から6分未満の物件が増えたためです。逆に下落する原因は、築20年~40年の比較的古い物件が増えていることです。築年数の浅い物件であれば高値で売れると考えられます。

マンション売却に強い不動産会社5選 マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

Pagetop