データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[長崎編]

長崎におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~長崎のマンション価格相場一覧~

長崎でマンションを売却する人が役立つ情報を紹介します。マンションを売却したい方にとって悩みとなるのが、いくらぐらいにすれば売れるのかということでしょう。適切な価格を知るためには、対象エリアの相場を知ることが重要です。これらの情報を知りたい方に役立つ情報をお届けします。

長崎の売出価格相場

長崎のマンション売出価格相場を、間取り別にまとめました。1R~5LDKの情報をリサーチし、目安となる価格を掲載しています。間取りごとの価格や、地区別の相場の目安にしてみてください。 長崎市、佐世保市、諫早市と3つの地域で比較できるようになっています。

長崎市

1R  
1K/1DK 100~580万円
1LDK  
2K/2DK 330~850万円
2LDK 700~5,400万円
3K/3DK 180万円
3LDK 520~3,700万円
4K/4DK  
4LDK 750~4,200万円
5LDK以上  

佐世保市

1R  
1K/1DK 500万円
1LDK 2,300万円
2K/2DK  
2LDK 200~2,300万円
3K/3DK  
3LDK 600~1,900万円
4K/4DK  
4LDK 950~3,000万円
5LDK以上  

諫早市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 1,750万円
3K/3DK  
3LDK 800~1,400万円
4K/4DK  
4LDK 580~1,190万円
5LDK以上  

長崎のマンション売買の動向

国土交通省の指定を受けた正式な流通機関であるレインズでは、これまでのマンション売却動向をデータとして公表しています。信頼できるデータとして利用することが可能でしょう。このデータをもとに、長崎におけるマンション売買動向を分析してみました。これまでの売却価格の傾向から、売買成約件数も参考にしてみてください。

売却価格の変動

長崎のなかから、長崎市、佐世保市、諫早市と3つの地域の平均価格をみてみましょう。それぞれ、長崎市は1,702万円、佐世保市は2,298万円、そして諫早市は1,306万円となっています。沿線ごとの相場をみてみると、JRが1,857.9万円、長崎電軌は1,601.2万円でした。さらに築年数の増加におけるマンション価格でみてみると、佐世保市が最も下落しやすく、諫早市は下落しにくい傾向があるようです。
長崎市の相場価格を1年前と比べると、2015年の80.35万円から2016年の82.83万円と上昇傾向にあることがわかります。近年の取引傾向は築20年~40年の古い物件が増えているようで、間取りはファミリー向けの物件が増加しています。
佐世保市の場合は、平均坪単価は2016年の68.37万円から2015年の58.16万円と下落傾向です。平均築年数が15.7 年から19.1年に上昇したことが価格下落の要因と考えられます。
諫早市は1年前とくらべて-32.0 %大幅に下落、売買数は2件と落ち込んでいます。この地域はもともと売買数が少なく、取引傾向ではファミリー層向けの物件が多いようです。

売買成約数

過去2年間の長崎県内の中古マンション売買成約数をみてみると、2016年1~3月の41件が高くなっています。平均成約価格でみても、この期間が最も低く、1,444万円となっています。それ以前までは1,400万円後半から1,600万円前半で推移していたのが一気に下落し、その後2016年4~6月に1,905万円まで上昇しています。直近2年間での動向では、春に価格が上昇しているため、新生活にむけて新居を購入する人の割合が高かったと判断できます。

今後の動向

長崎市における2016年の中古マンションの売買数は63件で、1年前の83件と比べて件数は減りましたが、価格相場は上昇しました。近年増加している物件は、築20年~40年の古い物件です。専有面積をみると、ファミリー層を対象とした物件も増えていることがわかります。価格が上昇している背景には、駅から3分~6分未満の物件が増加し、築浅物件も増えたためです。逆に価格の下落の要因ともなっているのが、築20年~40年の古い物件です。
佐世保市は長崎県のなかでも平均価格が高い地域ですが、1年前と比べると販売件数や価格が下がっています。この地域では駅から徒歩3分~6分未満の物件が増加していますが、築20年~40年の古い物件数も増えたため、全体的な価格の下落につながったようです。この地域では常盤町や栄町のように4,000万円前半の価格が付く場所もあります。
諫早市は販売件数が2件とかなり少ないため、価格の決定に注意が必要です。

関連記事

Pagetop