データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[長野編]

長野県でのマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~長野県のマンション価格相場一覧~

長野県は中部地方に位置する、面積の大きな県です。中核市として商業の発展も大きい県庁所在地の長野市や、国際会議観光都市に指定されている松本市など、魅力的な土地も多くなっています。そんな長野県では、中古マンションの売買の条件はどうなっているのでしょうか?

長野県の売出価格相場

長野県の中古マンション売出価格相場を探るなら、県庁所在地であり行政、商業の中心となる長野市や、観光スポットとしても注目されている松本市などをチェックしておくと良いでしょう。また、大河ドラマの舞台にもなった上田市も気になります。この3市について、それぞれの物件の価格相場を間取りごとに見ていきましょう。
長野市や松本市のマンションの相場としては、3LDK以上の物件が多く、どちらかというと駅からの距離が近い物件の取引価格が高い傾向があります。

長野市

1R  
1K/1DK 130万円~400万円
1LDK 1,600万円
2K/2DK 600万円~1,700万円
2LDK 930万円~3,000万円
3K/3DK 1,600万円
3LDK 750万円~3,100万円
4K/4DK  
4LDK 1,900万円~2,800万円
5LDK以上  

松本市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK 550万円
2LDK 1,200万円~3,500万円
3K/3DK  
3LDK 820万円~2,700万円
4K/4DK  
4LDK 3,400万円
5LDK以上  

上田市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK 450万円
2LDK 370万円~2,700万円
3K/3DK 960万円
3LDK 2,500万円
4K/4DK  
4LDK  
5LDK以上  

長野県のマンション売買の動向

長野県のマンション売買の動向について詳しくチェックしていきましょう。長野県内の中古マンション売却価格の最近の動向をチェックしておくことで、今後のマンションの人気の変化や売るタイミングについて見えてくるかもしれません。

売却価格の変動

長野県のマンション売却価格をエリアごとに見てみると、長野市、松本市がやや高めで、上田市はそれよりも少し下がります。長野市では1Kや1DKなどの単身者向けの物件もありますが、多くのエリアで夫婦向けの中規模物件が増えており、価格を支えています。
長野市は坪単価も周辺エリアよりやや高めです。ただし、同じ間取りの物件であっても他の条件によって価格の幅が広くなっています。そのため、保有している物件の売却を考える上では、築年数やアクセスの良さなどの条件も含めて価格を設定することが必要となるでしょう。
長野市では、2016年の中古マンションの価格相場は前年に比較して大幅に下落しています。平均価格が1,738.7万円と1年前よりも27.8 万円(26.9%)のマイナスとなりました。築10年~20年という比較的新しい物件が多くなっているにも関わらず、平均築年数が大きく増加した点が下落につながったようです。
また、松本市は2016年の坪単価平均が95.9万円と高く、価格相場は1,714.8万円と前年よりも大幅に上がっています。これは47.2%のプラスとなり、長野県のマンション売却価格を支えています。上田市では平均価格が6.3%のマイナスとやや下落していますが、売買数は上昇するなど好調な面もあります。

売買成約数

長野県長野市の売買件数は2015年の38件から2016年の30件と、-21.1%の減少となりました。こちらも価格相場の-26.9%とともに大幅に落ちています。松本市でも価格相場の上昇はあったものの、売買数では19件から17件と-10.5%の減少です。売買数では不調の2つのエリアに対して、上田市は売買数が7件から8件と増加しています。

今後の動向

長野県の中古マンションの今後の動向では、人気の長野市や上田市の平均築年数の増加が気になります。長野市では平均築年数が前年比で+65.4%となる19年、上田市では+11.1%の19.3年となっています。また、長野市では築20年~40年の物件が増えており、今後も築年数の古い物件が価格下落の要因となるでしょう。さらに、駅からの平均距離の増加と駅から徒歩3分未満の駅近物件の大きな減少が価格を下げる可能性があります。ただし、長野市は築年数による下落率は低く、駅から徒歩6分未満の物件が増加している点は好材料といえるでしょう。
一方、松本市は比較的新しい物件が増えたことで平均築年数を大きく下げており、築40年以内の物件数も減っているため、価格の下落リスクが低いといえます。

関連記事

Pagetop