データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[ 宮崎編]

宮崎におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~宮崎のマンション価格相場一覧~

宮崎のマンションを売却予定の方は、どのくらいの価格がいいかわからない、いつ頃売ると高値となるか知りたい、このような疑問があるでしょう。直近の相場価格や成約数などから、今後の動向予想を参考にしてみてください。

宮崎の売出価格相場

宮崎におけるマンション売出価格相場を、間取りごとにリサーチしました。1R~5LDKの価格相場を調べることができます。宮崎市、都城市、延岡市と地域ごとの価格情報の確認や、地域別の相場の違いを調べることができます。人気の間取りもチェックしてみましょう。

宮崎市

1R  
1K/1DK 130~200万円
1LDK 200~1,450万円
2K/2DK 380~1,530万円
2LDK 800~2,580万円
3K/3DK 350~1,480万円
3LDK 850~4,560万円
4K/4DK 800万円
4LDK 780~3,200万円
5LDK以上 2,850万円

都城市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK  
3K/3DK  
3LDK 750~1,500万円
4K/4DK  
4LDK 920~2,400万円
5LDK以上  

延岡市

データなし

宮崎のマンション売買の動向

国土交通省の指定を受けた正式な流通機関である西日本レインズでは、これまで売買されたマンションのデータを公開しています。確かな情報源として活用できるため、この情報をもとに宮崎でのマンション売却成約件数を調査し、今後の動向を予想してみました。

売却価格の変動

宮崎のマンション売却のなかで最も平均価格が高いのが1,286万円の宮崎市です。次いで都城市の1,009万円、延岡市の725万円となっています。築年数にともないマンションの価格が下落しやすいのが都城市で、下落しにくいのが延岡市です。
宮崎市の2016年のマンション売却平均価格は、1年前と比べて12.9 %上昇しています。
都城市も1年前と比べて+59.1 %と大幅に上昇し、売買数も2015年の2件から2016年の6件と、4件増えています。築20年~40年の古い物件が減少傾向にあることから、平均築年数が2015年の23.8 年から2016年の17.9年に下がりました。 延岡市はもともと売買数が2件と少ないのですが、1年前と比べて価格や売買数がやや上昇しました。この地域は築20年~40年の古い物件が多くあるようです。

売買成約数

2016年1月~2017年1月の月別売買件数は4~10件となっています。そのなかでも販売件数が伸びたのが、2016年1月と9月の10件でした。新生活にむけて春に転居予定の方や、秋の時期にも多くの物件が動いたことになります。最も少なかったのが2016年の2月で4件となっています。前年度と比べて大幅に販売数を伸ばしたのが、2016年5月で、築年数の平均が約8年と築浅物件が多く出たようです。ほかの月の築年数平均は、9~22年となっており、直近の2017年1月には築10年前後の物件がよく出回っています。

今後の動向

宮崎市、都城市、延岡市ともに1年前とくらべ、マンション平均価格は上昇しています。宮崎市の2016年マンション売却平均価格は、2015年と比べて12.9%の増加となりました。近年の平均価格が増加した背景は、駅から徒歩3分~6分の物件が大きく増加したためです。また、築3年~6年の築浅物件も増加したことが価格上昇につながっています。宮崎市のなかでも高値が付きやすいのが、川原町の2,767万円、和知川原の2,111万円、淀川の2,044万円です。逆に安値となりやすいのが、祇園の218万円、清武町木原の202万円です。
都城市のマンション売却平均価格が上昇したのは、築40年以内の古い物件が減少し、平均築年数が下がったためです。なかでも妻ケ丘町の平均価格は1,800万円で、都城市のなかでも高値となっています。
延岡市のマンション売却平均価格は前年度と比べてわずかに上昇しています。大きな上昇につながらなかった理由は、築20年~40年の古い物件が増えているためです。築20年~40年の物件は、全取引件数からみて2015年は66.7%だったのが、2016年には100%にまで上昇しました。延岡市のなかで平均価格が高いのが日の出町で、890万円となっています。
宮崎県内のどのエリアでも、築年数が浅い物件は人気が高く、高値で売ることが期待できそうです。マンション売却を迷っている方は、早めの決断が求められるでしょう。

関連記事

Pagetop