データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[宮城(仙台)編]

宮城県(仙台)のマンション売却価格相場

宮城県のマンション売出価格相場を一覧にしてご紹介しています。

マンション売却の参考情報~宮城(仙台)のマンション価格相場一覧~

東日本大震災で、不動産業界には大きな動きがありました。マンションはもちろん、あらゆる不動産の市場価格が大きく揺れ動いたと思います。その震災の中心である宮城県でも、不動産業界には大きな動きがありました。震災、そしてそれ以降の宮城県の不動産取引の動向について、データをもとに考察をしていきます。

また、宮城県内のマンションの売出価格について、現在販売されているものの情報をもとに、売出価格の相場を一覧にしました。マンションを売却する上で、大まかにでも価格相場を知っておくことは大切です。あまりにも相場から離れている価格を設定しては、まったく売れなかったり、安い値段でしか買ってもらえないこともあります。マンション売却をする方の基礎知識として、エリアのマンションの価格相場をチェックすることはとても大切なのです。それではさっそく、宮城県のマンション売出価格相場を見ていきましょう。

宮城県の売出価格相場

仙台市とその他エリアについて、それぞれのマンション売り出し価格相場をチェックしました。以下は、各エリアの間取り別価格相場です。

仙台市のマンション売出価格相場

1R ~500万円
1K/1DK ~500万円
1LDK 1,501~3,000万円
2K/2DK 501~1,500万円
2LDK 1,000~6,000万円
3K/3DK 1,501~2,000万円
3LDK 501~5,000万円
4K/4DK 501~4,000万円
4LDK 2,001万~1億円
5LDK以上 2,001~3億円

宮城県内その他エリアのマンション売出価格相場

3K/3DK 1,001~1,501万円
4LDK 1,501~2,000万円

宮城県のマンション売買の動向

現在の間取り別相場を確認したところで、次は過去の取引実績のデータから、現在のマンション販売の動向を読みとっていきましょう。宮城県は東日本大震災によって甚大な被害を受けているため、マンション売買の動向についても変則的です。首都圏ほどの取引件数がないため、有意な変動を見つけづらい面もあるのですが、それでもデータからわかる動向には目を光らせておくべきでしょう。

売買成約件数

マンション売買の成約件数は、2015年現在では大きな上昇トレンドにあると読めます。2014年と比較しても、2015年6月の成約件数は仙台市だけで118件となっており、前年比プラス13.5%。これは5か月連続で前年を上回る数字です。震災の影響が仙台市よりも大きいエリアがあるので断言はできませんが、復興ムードからのマンション売買の増加傾向はもうしばらく続いていくことが期待されています。

2014年と2013年を比較しても、前年比30パーセント以上の増加が見られる月があります。その2014年と比較しても2015年は大きな伸びを記録しています。たとえば、2015年4月の119件という数字は、前年を32.2%上回っています。これらの数字からは、2014年、2015年と大きな上昇トレンドにあることを示唆しています。

売買価格

続いて、売買価格の変動を見ていきましょう。売買価格は、2011年を底に大きく伸びています。2011年は平米単価が15~16万円ほどだったのが、2014年には25万円前後まで上昇しています。2014年の27.5万円をピークにいったんは下降しますが、2015年6月には28.1万円と過去5年の最高値を記録しています。

売買価格、件数とも上昇している宮城県。仙台市を中心に、今後もマンションは売り手市場が続いていくことが予想されます。

関連記事

Pagetop