データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[三重編]

三重のマンション売却価格相場

三重県のマンション売出価格相場をご紹介しています。

マンション売却の参考情報〜三重のマンション価格相場一覧〜

三重県下でもっとも人口の多い四日市市と、それ以外の市で売り出されているマンションの価格相場について調べました。三重県下に物件を持っていて、近々売却を考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

三重の売出価格相場

以下にまとめたのは、三重県下のマンションの、間取り別の相場です。じっさいにどのくらいの価格で売れるかというのは、パートナーとなる売却仲介業者の実力によって違ってきます。売却仲介業者と実のあるコミュニケーションを取るためにも、こういった情報はぜひ記憶に留めておくとよいでしょう。

四日市市

1R -
1K/1DK -
1LDK 500〜2,000万円
2K/2DK 500〜1,000万円
2LDK 500〜4,000万円
3K/3DK 500〜1,000万円
3LDK 500〜4,000万円
4K/4DK 1,000〜4,000万円
4LDK 1,000〜4,000万円
5LDK以上 2,000~3,000万円

四日市市以外

1R -
1LDK -
2K/2DK 500〜1,000万円
2LDK 1,000〜4,000万円
3K/3DK 500~2,000万円
3LDK 1,000〜4,000万円
4K/4DK 2,000〜4,000万円
4LDK 2,000〜4,000万円
5LDK以上 3,000万円

三重のマンション売却価格動向

不動産会社の公式サイトやマンション投資をテーマとしている情報サイトなどを参照して、三重県の不動産売買事情を調べてみました。三重県内でマンション売却を考えている人は、ぜひ目を通して、今後の取引の参考にしてみてください。

三重の不動産売買事情

名古屋のような大都市の場合、何かの理由で価格が急騰するケースも考えられます。しかし三重県下でそうした大きな変化が見込めるかというと、あまり期待はできません。ただ、大きな変化がない分、地価が安定しているのはメリットと言えます。ここ10年の地価を確認してみても、50~55万円の間を横ばいに推移しており、劇的な変化は見られません。世界レベルで注目を集める経済危機が幾度かあったことを考えると、その変動率の小ささには驚かされるものがあります。三重県下の不動産は、経済状況の変化にさほど目を向けなくとも、損のない価格で売却をできる可能性が高いと言えるでしょう。

取引の傾向

三重県下で不動産取引が活発なのは、県庁所在地のある津市、工業都市として知られる四日市市です。年間の取引数はいずれも2,700件前後となっており、県内の他の市町村とは倍近い差があります。坪単価にかんしては、名古屋にもっとも近い桑名市が18.9万円と第1位。四日市市が18.7万円で第2位。津市が16.7万円で第3位というデータが出ています。地価は安定傾向にありますが、同じ県内にあってもエリアによって大きく異なりますので、もし地価の安い地域に物件を持っている場合は、相応の戦略を考える必要があります。

人口のバラつきについて

三重県は、北勢、伊賀、中勢、南勢、東紀州という5つのエリアに分かれていますが、どこかに人口が集中するわけではなく、全体的に都市の規模がバランスよく分散されています。津市・四日市市のように頭一つ抜きんでる市町村もありますが、地域ごとの格差はほかの地方都市ほど大きくはないでしょう。ただ、東紀州をはじめ、過疎が進んでいる地域も少なくありません。物件を所持しているエリアによっては、売却手続きが思うように進められないケースも考えられます。三重県は比較的安定した不動産市場ですが、各エリアの状況を見誤ると、損をしてしまうかもしれません。早いうちから信頼できる不動産業者を捕まえて、しっかり対策をしておくことが大切です。

マンション売却に強い不動産会社5選 マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

Pagetop