データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[京都編]

京都のマンション売却価格相場

京都府のマンション売出価格相場をご紹介しています。

マンション売却の参考情報〜京都のマンション価格相場一覧〜

京都で販売されているマンションの売出価格の相場をまとめています。京都という土地柄での不動産の特徴も合わせ「売りたいマンションがどの程度の価格で売却できるのか」「最低限の値段と上限はいくらか」といった情報も載せているので、京都でマンション売却をする際の目安にしてみてください。

京都の売出価格相場

京都市と京都市以外のエリアに分けて、マンション売り出し価格相場をリサーチしました。LDKとK・DKの相場に大きな違いが見られますが、もともとK・DKは売り出している数自体が少ないことも覚えておきましょう。

京都市

1R 290〜3,490万円
1K/1DK 240〜3,398万円
1LDK 612〜1億8,800万円
2K/2DK 450〜1億5,500万円
2LDK 520〜1億6,000万円
3K/3DK 430〜2,800万円
3LDK 590〜1億6,000万円
4K/4DK 590〜4,380万円
4LDK 980〜2億7,000万円
5LDK以上 750〜3億9,000万円

京都市以外

1R 200〜4,300万円
1K/1DK 680〜920万円
1LDK 390〜6,280万円
2K/2DK 430〜2,680万円
2LDK 290〜7,480万円
3K/3DK 290〜1,890万円
3LDK 250〜1億5,000万円
4K/4DK 340〜2,430万円
4LDK 480〜9,000万円
5LDK以上 990〜9,800万円

京都のマンション売却価格動向

近畿圏不動産流通機構が公開している月次データを参考に、過去5年で成約まで至った京都のマンション物件の価格から、その特徴を深掘り。供給と需要、さらに将来の動向を探っています。

マンションの供給

近畿の新築マンションの供給はすでにピークを過ぎ、近年は減少傾向にあります。しかしながら2015年はぶり返して増加に転じ、現在の新築マンションの坪単価は近畿全体でほぼ横ばいの状態。その中では特に大阪府の坪単価が上がっており、逆に京都では下降していることが確認されています。その一方で供給においては、京都市でも都市部を中心に新築マンションがコンスタントに建築され、新築物件の価格は上昇。それに呼応するように中古マンションの坪単価も今後は上昇が予想されます。大阪・京都は需要に供給が追いつかず、相場も値上がりぎみ。

成約件数

現在、京都のマンション売却においては、この2年間で成約の価格が緩やかな回復を遂げています。しかも上昇傾向は今なお続いており、今後の動きに目が離せません。京都でも他県同様に契約成立のピークは春先の移動シーズン。近畿圏の特徴なのか、毎年1月は成約件数が少なくなるという動きも見られます。成約件数だけだと近年確実に回復しているので、今後も期待が持てます。

動向の予想

京都のマンション売却価格は、この先景気の回復とともに少しずつ上昇していくでしょう。全国的な経済の動向が京都のマンション相場にも影響を及ぼします。不動産の動向を見守るときにはマンションの立地するエリアだけでなく、全国及び海外の景気にも目を配りましょう。

関連記事

Pagetop