データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[高知編]

高知におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~高知のマンション価格相場一覧~

高知のマンション売却を考えている方は、価格相場を知る必要があります。まずは高知のマンションの売出価格データを参考に、どのくらいの価格からはじめたらよいのかの目安にしてみてください。

高知の売出価格相場

高知で売り出しされているマンションの価格相場を調査しました。以下は間取りごとの価格相場で、高知市の情報を掲載しています。高知のなかでも室戸市や安芸市などでマンションを売却したい方は、次に紹介する価格を参考にしてみましょう。

高知市

1R  
1K/1DK 210~390万円
1LDK 400万円
2K/2DK  
2LDK 600~1,600万円
3K/3DK  
3LDK 350~1,800万円
4K/4DK  
4LDK 780~1,800万円
5LDK以上 1,300万円

室戸市

データなし

安芸市

データなし

高知のマンション売買の動向

国土交通省では高知のマンション売買データを発表しています。直近の平均価格相場や、売買成約数を具体的な数値で提供しています。確かな情報源として活用できるため、これらを利用しながら今後の動向を予想してみました。高知でマンション売却を考えている方は、参考にしてみてください。

売却価格の変動

高知市の中古マンションの平均価格は、1,087万円です。そのなかでもマンションの相場が高いのが、JR線沿いで、相場が低くなっているのが土佐電沿いとなります。築年数の増加にともない価格の下落が予想されるのが土佐電沿線で、JR沿線は下落の影響はあまり受けません。
高知市全体のマンション価格相場は、1年前と比べて大幅に下落しています。要因の一つとして考えられるのは、築20年~40年の古い物件が増えたことです。高値で売却できているのは築年数が浅い物件で、駅から徒歩10分圏内の物件が高値をつけているようです。その一方で築年数が高い物件は駅から離れていることが多く、あまり高値はついていません。高知市の平均築年数は23.9年で、比較的古い物件が多いことがわかります。高知市のなかでも高値となりやすいのが、愛宕山の2,443万円、薊野西町の1,940万円、越前町の2,560万円です。また、高値がつきやすいのが築10年以内の物件で、なかには3,000万円近くで取引されたものもあります。

売買成約数

2016年1月~2017年1月のなかで成約件数が多くなっているのが、2016年2月の13件、3月の15件、2016年12月の12件です。それ以外は月ごとの成約件数は一桁となっており、2016年の5月・8月は2件とかなり少ないことがわかります。前年と比べて大幅にマンション売買成約数が伸びているのが、2016年3月です。また、成約に至っている中古マンションの築年数は、どれも20年前後が多くなっています。高知県はマンション数が少なく、築年数が高い傾向があるようです。

今後の動向

高知市の中古マンションの傾向は、築年数が高い物件が多く、今後は値下がりする傾向にあるといえます。平均築年数は23.9年となっており、近年は築年数20年~40年の古い物件が大きく増加していることから、売買価格は下落の傾向があるようです。古い物件の場合は、駅からの距離が徒歩20分程度と遠い場所が多いことも価格下落の要因となっています。
ただし、高知市のなかでも高値を付けている地域はあるため、越前町、愛宕山などにあるマンション売却を考えている方は、比較的高い価格で売却できる可能性もあるでしょう。逆に安値となる可能性が高いのが南はりまや町の198万円、上町の394万円です。高知市は築年数の浅い物件や、高値を付けやすい地域のマンションでは、十分な価格を維持しやすいといえます。
近年よく動いているマンションは、築20年前後の物件です。築20年に近い物件を持っている人は、売却に向けて動き出してもいいかもしれません。

関連記事

Pagetop