データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[香川編]

香川におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~香川のマンション価格相場一覧~

四国の北東部で瀬戸内海に面した位置にあるのが香川県です。香川県では讃岐うどんが有名なほか、海産物が豊富な地域でもあります。県庁所在地である高松市を中心として都市圏が形成されており、丸亀市も高松市に次ぐ発展を遂げている都市です。そんな香川県のマンション売却価格の相場や今後の動向について見ていきます。

香川の売出価格相場

香川県は全国でもっとも小さい県でありながら、利便的で発展した都市を有し、かつ美しい自然や名産品で広く知られています。なかでも高松市・丸亀市・坂出市は栄え、活発にマンション売買も行われているといえるでしょう。これらの都市の価格相場をご紹介します。

高松市

1R  
1K/1DK 98~600万円
1LDK 10~1,370万円
2K/2DK 30~630万円
2LDK 50~2,200万円
3K/3DK 300~800万円
3LDK 100~3,200万円
4K/4DK  
4LDK 670~4,000万円
5LDK以上  

丸亀市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK  
3K/3DK  
3LDK 110~2,650万円
4K/4DK  
4LDK 950~2,680万円
5LDK以上  

香川のマンション売買の動向

香川で賢くマンション売買を行うためには、これまでの傾向を把握しておくことが大切です。エリアごとの価格の変動や、売買成約数を確認したうえで、今後の動向について考察してみましょう。

売却価格の変動

瀬戸内海に面する香川県は、県庁所在地でもある高松市が中心となって高松都市圏を形成しています。行政の中枢であるほか、企業の四国支社も多く存在しており、経済や流通の要衝となっています。高松市は交通の拠点でもあり、高速道路や鉄道で四国各地へアクセスできる便利な都市です。また瀬戸大橋を渡って岡山県にアクセス可能なほか、フェリーや鉄道でも本州に行くこともできます。マンション売却取引も高松市が主となっており、その次に丸亀市が続く形です。
香川県の都市別マンション取引価格を2016年の平均で見ると、まず高松市ではおよそ1,041万円で、坪単価の平均はおよそ50万円です。2015年のデータと比べると下降傾向にありますが、その差はあまり大きく開いていません。物件の特徴としては、築40年を超える古い物件の数が増えて安い価格で売却されているほか、駅から比較的近い物件数が減っています。これが、平均価格を引き下げている原因といえるでしょう。
丸亀市のデータでは、マンション取引価格の平均はおよそ1,058万円で、坪単価の平均はおよそ34万円となっています。2015年と比較すると価格の大きな下降が見られ、こちらでは築40年以内の物件が増加したことが下降の原因と考えられます。
鉄道沿線別に見ると、JR沿線のマンション取引価格の平均はおよそ1,015万円となっており、坪単価の平均はおよそ40万円です。2015年よりも大幅に価格を下げる結果となっており、やはり築40年超の物件の増加が見られています。高松琴平電鉄沿線では、マンション取引価格平均がおよそ1,063万円で、坪単価の平均はおよそ56万円となっています。こちらは2015年と比べると若干上昇傾向であり、駅近物件や築6年までの築浅物件が増えています。

売買成約数

香川県のマンション売買成約数は、2015年4月~2017年3月までの2年間で細かく上下しながら、わずかに上昇している傾向です。特に冬から春にかけて売買成約数は多くなっています。この時期には競合物件も多くなりますが、同時に需要も高いため、売り方の計画を考えるのが得策でしょう。
売買価格の平均を見ると、2015年4~6月はおよそ1,202万円であるのに対し、2017年1~3月ではおよそ1,375万円と、伸びを見せています。ただし時期によって上下するので、今後も伸び続けるかどうかは不透明です。
間取り別の売買数では3LDKや4LDKのファミリー向けが多いですが、2LDKや1Kなどその他のタイプもコンスタントに取引があります。特に高松市ではシングル向け物件の取引が多く行われています。

今後の動向

香川県のマンション売却について、今度の動向を見ていきましょう。まず都市別では、やはり高松市でのマンション売却取引は活発な傾向が続くでしょう。築年数では築10~40年の物件の層が厚いため、競争率は高くなると見られます。築6年以内の築浅物件を売るならねらい目です。駅からの距離では、駅から徒歩3分以内の物件数が減少傾向にあるため、競合が少ない今なら比較的高値でもすぐに売れることが予想されます。特に高松市はシングル向けの1Kなどの需要が高いですから、車を持っていないシングル層が駅まで歩ける物件は重宝されるはずです。
丸亀市では、築6年以内の物件の供給がほとんどない傾向にあります。築浅物件の売却を考えているなら、競争相手が少ないと考えることができるでしょう。駅からの距離では、徒歩3~10分の徒歩圏内の物件の数が少なくなっていますから、需要と考え合わせても今が売りどきです。丸亀市ではファミリー向けの3LDKなどの物件が主に取引されており、車を持っているファミリー層をねらうなら、駅から徒歩10分以上でも売れるチャンスはあります。
鉄道沿線で見ると、JR沿線・高松琴平電鉄沿線ともに駅近物件の需要は高いはずですが、駅近の物件数自体は減少しています。駅から徒歩10分以内であれば、比較的売れやすいといえるでしょう。特にJR高松駅周辺は、車を持たないシングル層の需要が見込めますから、シングル向け物件で駅近なら問題なく売れると考えられます。

関連記事

Pagetop