データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[岩手編]

岩手県でのマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~岩手県のマンション価格相場一覧~

岩手県は、雪深い豪雪地帯として有名ですが、近年の産業の充実や新幹線の接続などで利便性を高めています。そんな岩手県でマンション売却を考えている場合には、現在の住環境や価格相場の変化を把握して価格の目安や売りどきを判断することが必要です。

岩手県の売出価格相場

岩手県で中古マンション売却を考えている人は、売り出し価格相場をチェックしてみましょう。不動産物件はエリアによって相場や売れやすさが違っており、売買を考えるにあたってはその土地に応じた相場を知ることが必要です。岩手県での中古マンションの売買はどのような状況になっているのでしょうか? ここでは、県庁所在地であり、岩手県の中心として栄える盛岡市や、観光でにぎわう花巻市、人口でも面積の広さでも県内トップクラスとなる奥州市などの価格相場をチェックすることにします。

盛岡市

1R 400万円~550万円
1K/1DK 150万円~750万円
1LDK 390万円~1,200万円
2K/2DK 75万円~1,400万円
2LDK 350万円~3,000万円
3K/3DK  
3LDK 960万円~3,900万円
4K/4DK  
4LDK 930万円~2,800万円
5LDK以上  

花巻市

データなし

奥州市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK ~1,860万円
3K/3DK  
3LDK 1,700万円~2,480万円
4K/4DK  
4LDK ~2,250万円
5LDK以上  

岩手県のマンション売買の動向

岩手県で中古マンション売却を考える場合には、立地と実際に売買されているマンションの価格相場を知ることが大切です。岩手県のマンション、戸建てなどの相場は決して低いものではありませんが、エリアによってはかなりの差があり、場所によっては希望金額での売却は難しくなることもあります。県庁所在地であり、人口が集中する盛岡市以外の土地では、特にこうした状況となることが考えられます。また、人口や面積では優勢の奥州市では、近隣にある花巻市などの観光スポットにおされて土地があまりクローズアップされないというデメリットを抱えています。

売却価格の変動

岩手県における中古マンションの売却価格の変動を知るには、それぞれのエリアで取引されている中古マンションの売買の状況を見ることが必要です。それぞれの価格相場の現状と過去からの変化を知ることで、その動向を理解することも可能となります。
岩手県の中心である盛岡市では、2016年のマンション売買価格は1,186.3万円、前年よりも15.4%上がっています。平均築年数の減少が価格相場の上昇を支えましたが、一方で駅近物件が減少しており、相場が下がる要因となっています。
花巻市では、2016年のマンション売買価格は1,712.5万円となっており、岩手県内でも高い水準です。坪単価も80万円前後と比較的高額となっています。前年比でも好調に推移しており、相場は18.2%プラスです。奥州市では平均価格こそ2,185.7万円と高い水準となっていますが、物件数が少ないため、実際の売買で同様の査定が期待できるかは不明です。

売買成約数

岩手県内の中古マンションの売買成約数は2015年から2016年にかけて上昇しています。盛岡市の2016年の売買件数は74件と、前年の55件と比べて34.5%の大幅な増加がありました。これが岩手県内の売買数を上昇させて、2014年の64件も上回りました。
岩手県のマンション売買は盛岡市がほとんどを占めており、ほかのエリアでは取引がない年もあります。

今後の動向

盛岡市は岩手県の中心として中古マンションの売買件数も豊富ですが、その反面築年数が増えることによる価格下落のリスクも高くなります。2016年は平均築年数の減少と築20年~40年の古めの物件が減ることでマンション価格相場を上げましたが、今後の築年数の経過でどのような下落リスクとなるか分かりません。駅近物件が減っているため、立地の良い物件を持っている人には差異化をはかることで今後有利となるかもしれません。
人口も売買件数も多い盛岡市の状況は大きく岩手県内の不動産事情を変えることがあるため、他のエリアでの中古マンション売買を考える上でも慎重に経過を見守ることが必要です。花巻市では駅からの平均距離は短くなりましたが、築年数が増加しているため、現存のマンションがさらに年数を重ねることで今後の価格相場の下落リスクとなる可能性があります。

関連記事

Pagetop