データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[石川編]

石川県でのマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~石川県のマンション価格相場一覧~

石川県の中古マンション売却の相場や傾向を見ていきます。県内のエリアごとの価格相場やマンション売買の動向などを紹介しますので、売るタイミングの検討などに生かしましょう。

石川県の売出価格相場

石川県は、周囲のエリアに比べると小さな県ですが、観光スポットとしても世間に良く知られた有名な土地です。土地や戸建てなどの不動産物件の取引も多く、県の面積は小さくとも、近隣の県と比較して引け劣らない不動産取引件数となっています。中古マンションの売買が多いエリアもあります。
ここでは、比較的中古マンションの売買が多く行われているエリアの価格相場をチェックします。エリアごとに間取り別の相場を紹介してありますので、自身の持っているマンションの立地や間取りと比較し、どのような物件が高額の値をつけているか見てみましょう。

金沢市

1R  
1K/1DK 85万円~680万円
1LDK 430万円~1,400万円
2K/2DK 300万円~1,000万円
2LDK 700万円~2,800万円
3K/3DK 850万円
3LDK 340万円~3,400万円
4K/4DK  
4LDK 1,300万円~2,500万円
5LDK以上  

七尾市

データなし

小松市

1R  
1K/1DK 100万円~220万円
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 450万円~2,200万円
3K/3DK  
3LDK 2,300万円~2,800万円
4K/4DK  
4LDK  
5LDK以上  

石川県のマンション売買の動向

石川県での中古マンション売却は、県内の不動産売買の動向をチェックしながら進めることが大切です。石川県の県庁所在地でもある金沢市は、観光都市として有名なスポットを抱える町でもありますが、商業都市として暮らしやすさもある人気のエリアです。中古マンションなどの取引も活発なエリアであり、保有している物件の価格も期待できるでしょう。また、件数は金沢市ほど多くないエリアでも、価格相場が好調なエリアはあります。

売却価格の変動

石川県の中古マンション売買価格の相場は、全体的に堅調です。中古マンション相場が下落しているエリアもありますが、売買件数が多い金沢市などを中心に価格相場は上昇しているところが多くなります。特に2015年の北陸新幹線の開業は、石川県の不動産売買に対して追い風となりました。
金沢市では、2016年のマンション平均価格は697.9万円と、前年に比較してプラス7.6%の1,295.1万円と堅調に推移、坪単価も平均63.4万円と石川県内の中古マンション相場を引き上げています。ただし、売出価格相場を見ると間取りの狭いマンション物件では価格相場は安いものも多く、広めの物件でも高値が付かないこともあります。
小松市での中古マンション価格相場は、2016年は前年比プラス14.2%となっており、好調です。平均価格は697.9万円、坪単価は38.9万円となっています。

売買成約数

石川県内の売買成約数は、2015年と比較して増加傾向にあります。特に2016年後半から増加しており、9月から11月までの成約数は78件と好調でした。石川県で最も売買成約件数の多いエリアは金沢市で、石川県全体の件数の大部分を占めています。

今後の動向

石川県内における中古マンションの今後の動向としては、築年数の経過による価格下落リスクに注意が必要です。小松市では駅近物件が増えたことで価格相場が上昇しているものの、築年数が経過すると価格が下がってしまうため、売るタイミングには注意が必要となるでしょう。築年数の古い物件を抱えている場合には売りどきをスピーディに判断することも大切です。
石川県のマンション売買を中心的に支えている金沢市でも、平均築年数は減っているものの築20年~40年の比較的古い物件が増えてきていることが価格下落の原因となっています。駅から遠めの徒歩10分~20分の物件数も大きく増えており、今後築年数が増すことによって価格下落傾向が始まる可能性も考えられます。駅からのアクセスが良いことはもちろん、築浅であることも好条件となるため、石川県でマンション売却を希望している場合には早めに動くのが良いかもしれません。

関連記事

Pagetop