データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[茨城編]

茨城県でのマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~茨城県のマンション価格相場一覧~

茨城県は、東京都にもアクセスが良く、中古マンション売却でも有利な条件を持つエリアが多くなります。好立地を生かしたマンション売却を目指して、売買の価格相場や人気の推移などをしっかりと見極めましょう。

茨城県の売出価格相場

茨城県内でマンションなどの不動産価値の高いエリアはあちこちにあります。また、今後の開発の状況次第ではこれからも発展と地価の上昇が期待できる場所は増えるかもしれません。ジワジワと人気を伸ばしてきているエリアもありますが、ここではよく知られており根強い人気の水戸市と土浦市、日立市の相場を紹介します。

水戸市

1R  
1K/1DK 190万円~1,200万円
1LDK 280万円~400万円
2K/2DK 270万円~480万円
2LDK 398万円~2,900万円
3K/3DK 540万円~1,800万円
3LDK 870万円~4,000万円
4K/4DK  
4LDK 1,200万円~3,980万円
5LDK以上  

日立市

1R  
1K/1DK 320万円
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 750万円
3K/3DK  
3LDK 2,100万円~2,690万円
4K/4DK  
4LDK 2,480万円~2,600万円
5LDK以上  

土浦市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK 400万円~520万円
2LDK 450万円~1,466万円
3K/3DK 548万円~950万円
3LDK 83万円~2,800万円
4K/4DK  
4LDK 580万円~2,400万円
5LDK以上  

茨城県のマンション売買の動向

茨城県の中古マンション売却では、エリアごとの平均的な価格や成約数なども考えておく必要があります。平均価格の変動が分かれば、実際にどのくらいの価格で売却できるかが具体的に理解できるでしょう。また、近年のデータから今後の茨城県の中古マンションの売買がどのような傾向をたどるのかを推測してみましょう。

売却価格の変動

上記3つのエリア内での中古マンションの売買では、日立市の坪単価が比較的高めです。次いで水戸市、土浦市となりますが、開発によって近年人気を高めてきたつくば市などの価格上昇も見逃せません。つくば市は筑波研究学園都市として有名になりました。国内最大の学術都市として、多くの研究者を抱え、つくば駅周辺には商業的な発展もあります。
水戸市の中古マンション価格は、2016年には前年よりも14.7%プラスの1,632.1万円となっています。築年数の減少が価格上昇の原因となったようです。日立市と土浦市では下落傾向となりましたが、日立市では下落の幅は0.4%と小幅になっています。

売買成約数

2015年~2016年までの期間で見ると、茨城県内全体の売買成約数としては、安定傾向となっています。2016年7~9月には70件以上を実現して、1年間の成約件数を伸ばしました。平均成約価格も上昇しており、中古マンションの需要はおおむね好調といえそうです。
2015年から2016年の売買件数を見ると、水戸市は14件から19件、土浦市では25件から28件と増加しています。一方、日立市では4件から3件と減少していますが、取引件数が少ないのであまり変化がないと言えるでしょう。

今後の動向

茨城県の中古マンション市場は、今後の茨城県全体の発展によって変化していくと予想されます。基本的に茨城県は東京などの近隣の都県にもアクセスが良く、都心への通勤も可能となるエリアです。また、地元の駅周辺の開発などが進んでいくことでさらに暮らしやすさが高くなり、人が集まりやすくなることも考えられます。つくば市などの新しい都市に対する注目度も高くなることで、茨城県に対しても注目されることでしょう。
ただし、駅からの距離がある物件への評価はやや辛口で、人気の水戸市、つくば市、土浦市ともに駅からの平均距離の増加や駅近物件の減少が価格下落の要因として考えられています。水戸市では、駅からの平均距離の53.3%の増加が相場の伸びを抑えた要因としてあげられています。反対にいえば、駅からの距離が徒歩6分未満の駅近物件であれば、評価は高くなり、中古マション売却の良い条件の一つとなりそうです。

関連記事

Pagetop