データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[広島編]

広島におけるマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~広島のマンション価格相場一覧~

中国地方の南部に位置する広島県では、自動車産業を中心とした工業や商業が盛んで、全国的に有名な世界遺産の厳島神社など観光スポットを多く擁する地域でもあります。この広島県でマンション売却取引が多く行われている広島市・呉市・福山市について、売却価格の相場や今後の動向を見ていきましょう。

広島の売出価格相場

観光地として有名な広島県ですが、広島市や呉市など、都市として栄えており人口も多いエリアが数多くあります。ここでは、広島のなかでもマンション売買が活発な広島市・呉市・福山市の価格相場をみてみましょう。

広島市

1R 220~360万円
1K/1DK 200~3,000万円
1LDK 1,900~3,600万円
2K/2DK 500~2,800万円
2LDK 200~4,300万円
3K/3DK 480~2,382万円
3LDK 200~4,500万円
4K/4DK  
4LDK 470~9,500万円
5LDK以上  

呉市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 300~2,900万円
3K/3DK  
3LDK 1,400~3,400万円
4K/4DK  
4LDK 1,900~2,500万円
5LDK以上  

福山市

1R  
1K/1DK 200~550万円
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 420~3,000万円
3K/3DK 680~1,250万円
3LDK 620~2,900万円
4K/4DK  
4LDK 110~4,000万円
5LDK以上  

広島のマンション売買の動向

広島県の今後の取引動向をみてみましょう。これまでの数字の変動や現状を把握しておくことで、よりよいタイミングでの売買が可能になるかもしれません。

売却価格の変動

広島県では、政令指定都市である広島市を中心に広島都市圏を形成しています。市街地として栄える広島市では、マンションの数も県内で最多です。呉港に面した位置にある呉市は造船業が盛んである一方、広島市のベッドタウンとして市街地を形成しています。福山市も港を有しており、貿易や工業が盛んに行われている街です。広島県では多くの都市でマンション取引が行われていますが、今回は広島市・呉市・福山市のマンション売却価格の相場を見ていきます。
2016年のデータを見ると、広島市の中古マンション平均価格はおよそ1,620万円で、坪単価はおよそ91万円です。この数値は2015年と比べると上昇したものであり、特に新築同然ともいえる築3年未満の物件が増えたことが大きな要因と考えられます。大都市として人気が高い広島市では、新築同様のマンションの供給は多いのです。また、駅から比較的近い物件が増えたことも、平均価格を上げた要因の1つでしょう。
呉市の場合、中古マンションの平均価格はおよそ1,380万円であり、坪単価の平均はおよそ90万円となっています。2015年と比べると大幅に価格がアップしており、この平均価格引き上げは築年数の浅い物件がかなり増えたことが影響しているようです。呉市でも、新しいマンション供給が活発であると見ることができます。
福山市の中古マンション平均価格はおよそ1,600万円で、坪単価の平均はおよそ75万円です。平均価格が好調に上昇している広島市や呉市と比べて、福山市では2015年と比較すると価格が下降傾向にあります。築浅物件や駅近物件の数も増えてはいるのですが、築40年を超える古い物件数も増加しており、逆に新築に近い物件が減少しているために、平均価格の下落が起こったと考えられます。

売買成約数

広島県全体の売買成約数について、2015年3月~2017年2月までの2年間を見ると細かく上下を繰り返しながら緩やかに下降しています。一方で、売買価格の平均はこの2年間で伸びを見せており、2016年12月~2017年2月の平均売買価格は、2015年3月~5月と比べるとおよそ440万円近くも差をつけているのです。
都市ごとに見ていくと、広島市・呉市・福山市ともに売買成約数は2015年、2016年とほぼ横ばいです。広島県全体の数値が減少傾向にあるのは、この主要都市以外の地域の動向が影響しているものといえるでしょう。そして売買価格の平均は福山市以外の2都市は大きく上昇しており、広島県全体で見た売買価格の上昇に大きく関わる結果となっています。

今後の動向

広島市・呉市・福山市のマンション売却について、今後の動向を予想します。まず広島市では、今後も新築同様のマンションの供給が増加していくものと考えられます。特に市街地周辺でマンション売却をするとしたら、新しいマンションと競合することになるため、厳しい動向となるでしょう。間取りではファミリー向けの3LDKや4LDKの取引数が特に多く、ファミリーの需要がこれからも見込めるエリアであるといえます。
呉市のマンション取引数はコンスタントな推移を見せていますが、築20年~40年の物件が減少傾向にあります。価格の安い中古マンションを探している買主に対しては、築年数が古めのマンション売却は有効かもしれません。一方、駅近物件の取引数は少なくなっており、徒歩圏内のマンション売却は今がチャンスです。間取りではファミリー向けの3LDKの取引が多いほか、シングル向けの1Kの物件も順調に取引されています。これらのマンション売却なら売れやすいと考えられるでしょう。
福山市を見ても、築年数や駅からの距離にかかわらず物件の取引数を保っています。この傾向から、条件にかかわらずマンション売却のチャンスがあると見ることもできるのです。間取りもファミリー向けの2LDK~4LDK、シングル向けの1Kや1LDKなど多彩な取引物件があります。福山市では、幅広いマンションの需要が見込めるでしょう。

マンション売却に強い不動産会社5選 マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

Pagetop