データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[群馬編]

群馬県でのマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~群馬県のマンション価格相場一覧~

群馬県での中古マンション売却事情はどのようになっているのでしょうか? マンション売却はエリアによって相場も売れ行きも違います。そのため、群馬県でマンションを売りたい場合には、県内の状況とともに自分の保有するマンションのエリア全体の相場を知ることが必要です。

群馬県の売出価格相場

群馬県内のメジャーなエリアのマンション売り出し価格相場を紹介します。群馬県は都心部へのアクセスも良く、観光で訪れる人も多い県です。ただし、たくさんの魅力を持っているからといって群馬県でのマンション売却が有利に進められるとは限りません。
ここでは、人の集まりやすい各エリアの価格相場を間取りごとに集めてみました。単身者用からファミリー向けの物件まであるので、自分のマンションの間取りやエリアの相場を具体的にチェックしてみましょう。

前橋市

1R  
1K/1DK 90万円
1LDK 2,900万円
2K/2DK 700万円~1,500万円
2LDK 500万円~3,700万円
3K/3DK 870万円
3LDK 450万円~3,700万円
4K/4DK  
4LDK 280万円~2,800万円
5LDK以上  

高崎市

1R  
1K/1DK 90万円
1LDK 2,900万円
2K/2DK 700万円~1,500万円
2LDK 500万円~3,700万円
3K/3DK 870万円
3LDK 450万円~3,700万円
4K/4DK  
4LDK 280万円~2,800万円
5LDK以上  

太田市

1R  
1K/1DK 280万円
1LDK  
2K/2DK 1,700万円
2LDK 400万円~2,100万円
3K/3DK  
3LDK 600万円~2,600万円
4K/4DK  
4LDK  
5LDK以上  

群馬県のマンション売買の動向

群馬県は、県庁所在地である前橋市や県内最大の人口を持つ高崎市、企業城下町として工業の発展が目覚しい太田市など、暮らしやすい便利なエリアがあちこちにあります。人口の伸びが大きい伊勢崎市なども、今後の発展が期待できそうです。群馬県ではこうした勢いに乗って中古マンション需要も高まっているのでしょうか。

売却価格の変動

群馬県の中古マンション価格は、2012年以降坪単価が平均60万円を下回っていましたが、2016年には60万円の壁を越えて緩やかな上昇を見せています。坪単価としては、桐生市が78万円で最も高く、次に高崎市の69万円となっています。高崎市は売買件数が多く、県内の相場にも大きな影響を与えています。高崎市の2016年の価格相場は1年前と比較すると7.1%マイナスとなりましたが、平均価格は1,382.5万円と群馬県内の平均を超えています。
前橋市は坪単価が群馬県全体からやや下回っていますが、価格相場の伸びは著しく、2016年では916.2万円と前年よりも21.5%のアップとなりました。太田市での平均価格は969.7万円と、こちらも大きくアップしています。

売買成約数

2015年から2016年の群馬県内の売買件数は93件から100件と微増となっており、各エリアでも増加傾向となっています。高崎市の売買数は1年前と比較すると42件から38件の-9.5%となりましたが、前橋市の+9.3%や太田市の+200.0%などが支えています。売買件数は例年、前橋市と高崎市が群馬県内全体の大半を占めています。

今後の動向

群馬県内の中古マンションの売買相場は、近年の築年数の古い物件の減少や平均築年数の縮小などで上昇しています。前橋市や太田市では特に、築20年~40年の物件が大きく減少しており、平均築年数が下がっています。ただし、前橋市では単身向けの1DKや、ややコンパクトな2DKまでの物件では価格帯が高くないので、これらの間取りで売却価格の高い物件は売りにくい可能性もあります。
高崎市では、築40年以内の物件の増加があり、価格を下げましたが、一方で駅から徒歩3分、徒歩6分未満の駅近物件が増加したことからアクセスの良さという別の魅力を持っています。反対に前橋市や太田市では、駅から徒歩6分未満の物件数が減っていることから、今後の築年数の経過による価格下落をアクセスの良さで食い止められるか難しいところです。これから群馬県内の中古マンション売却を考える場合には、駅からのアクセスと築年数の経過がポイントになりそうです。あまり駅へのアクセスが良くない物件であれば、築浅のうちに売却するなど、価格が下がる前の行動が必要かもしれません。

関連記事

Pagetop