データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[福井編]

福井県でのマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~福井県のマンション価格相場一覧~

福井県の中古マンション売却事情を紹介します。マンションなど不動産の売買をする時には、情報の下調べが重要です。福井県の住宅事情や価格相場、今後の展望などを調べて、今すぐに売った方が良いか、いつ売るか、などの判断材料にしましょう。

福井県の売出価格相場

福井県は暮らしやすさや平均寿命の長さなど、生活の拠点としての魅力を大きく打ち出している県です。また、定住を進める取り組みなども行われていました。さらに、福井県民の貯蓄現在高も全国トップクラスです。そのため、福井県民で住宅を求める人や、今後暮らしたいという人も増えているかもしれません。売り出し相場をチェックして、高値で売ることができるかを検討してみましょう。
ここでは、福井県内で人口の多いエリアの中古マンション売買相場を紹介します。福井市は福井県の県庁所在地でもあり、観光スポットなども多い町です。また、敦賀市・越前市なども多くの人が訪れるエリアとなります。

福井市

1R  
1K/1DK 170万円~550万円
1LDK 300万円~1,900万円
2K/2DK  
2LDK 410万円~3,400万円
3K/3DK 500万円~600万円
3LDK 500万円~3,200万円
4K/4DK  
4LDK 810万円~1,700万円
5LDK以上 1,300万円

敦賀市

データなし

越前市

データなし

福井県のマンション売買の動向

福井県内の中古マンション売却を考えるならば、売却価格の変動や成約数などから人気のエリアやその移り変わりを探ることが大切です。売出価格相場の一覧では高値をつけている間取りもありますが、それには築年数や駅からの距離などの条件も関係しているため、より正確に相場を見るには細かい分析が必要です。ここでは、福井県のマンション売買の動向を国土交通省の売買データから紐解いてみます。

売却価格の変動

福井県福井市のマンション価格相場は、2016年に前年よりもやや下落傾向を迎えました。平均価格では1213.6万円となっており、前年と比較して-8.2%です。坪単価平均は52.0万円ですが、120万円を超えるエリアもあり、立地によって大幅に違いがあるといえるでしょう。
福井市の中心であるJR福井駅周辺のエリアは行政や金融、商業などが集まっているため、暮らしの利便性は高くなります。また、公園などの充実も魅力のエリアです。そのため、駅から近い物件は高額となりがちですが、築年数の新しい物件に関しては駅からの距離が遠くても価格は下がりにくいものもあります。駅から30分以上の徒歩圏外の物件でも間取りや築浅などの条件次第で高く売却できる可能性があるでしょう。

売買成約数

2016年の福井市における中古マンションの売買成約数は39件で、前年の29件と比較すると25.6%の大幅な下落をしています。福井市の売買件数は、2013年の56件から2014年の32件と下落傾向にあり、2015年に39件とやや持ち直したものの、2016年には29件と、2014年を下回る件数にとどまりました。

今後の動向

福井県の中古マンション売却の動向としては、平均築年数の増加に伴った価格の下落に注意をしたほうが良さそうです。築20年~40年の物件数がやや増加しており、中古マンション売買価格の下落要因となっています。また、駅から徒歩3分未満の物件も増加しているため、大幅な価格下落はありませんでしたが、徒歩3分~6分の物件が減り、駅から徒歩10分~20分の物件数が増えたことも今後のリスクとなりそうです。
沿線ごとの築年数の増加によるマンション価値の下落は、JR沿線で最もリスクが高く、えちぜん鉄道沿線が最も低くなっています。えちぜん鉄道は、観光としても有名ですが、福井の人々の暮らしにも便利に役立っているようです。福井県では築年数の経過による価格下落が大きくなりがちなので、売るタイミングが重要になってきます。築年数の増加による価格下落リスクに見舞われないよう、十分な注意が必要でしょう。

関連記事

Pagetop