データ分析

都道府県別 ”マンションの売却価格相場”リサーチ結果

マンション売却の価格相場[青森編]

青森県でのマンション売却の価格相場をまとめました。

マンション売却の参考情報~青森県のマンション価格相場一覧~

青森県内の中古マンション売却についての情報を紹介しています。青森県内でのマンション売買で人気のあるエリアの価格相場とマンション売買の現状を押さえて、マンション売却の検討の材料にしましょう。すぐに売らなくても、「どれくらいで売れるかな?」と思ったら要チェックです。

青森県の売出価格相場

青森県で中古マンション売却を考えるなら、まずは売り出し価格の相場をチェックしてどれくらいの値がついているかを確認しておきましょう。青森県は県庁所在地の青森市を中心に中古マンションの売買が盛んです。青森市以外では弘前市や八戸市なども物件数が多くなっています。郊外では戸建ての人気も高くなりますが、駅の周囲や中心部においてはマンションの需要も多くなります。そのため、中古マンションの査定価格も場所や間取りによっては高くなることが期待できそうです。

青森市

1R ~450万円
1K/1DK 300万円~1,100万円
1LDK 400万円~1,700万円
2K/2DK 620万円~2,000万円
2LDK 600万円~1,600万円
3K/3DK  
3LDK 730万円~3,300万円
4K/4DK  
4LDK 2,100万円~2,500万円
5LDK以上  

弘前市

1R  
1K/1DK  
1LDK  
2K/2DK  
2LDK 670万円~2,200万円
3K/3DK ~770万円
3LDK 780万円~2,600万円
4K/4DK ~770万円
4LDK ~800万円
5LDK以上  

八戸市

1R ~420万円
1K/1DK 360万円~370万円
1LDK  
2K/2DK ~480万円
2LDK ~600万円
3K/3DK ~970万円
3LDK 200万円~2,600万円
4K/4DK  
4LDK ~1,900万円
5LDK以上  

青森県のマンション売買の動向

青森県での住宅の売買においては、県庁所在地であり青森県の中心として栄える青森市や弘前市、八戸市の3つのエリアに物件が集中しています。それ以外のエリアでも売買はありますが、この3つの市の傾向を押さえることで青森県内のマンション売買の主な傾向を知ることができるでしょう。

売却価格の変動

青森市内の中古マンション売却価格は堅調で、1年前と比較して+7.9 %とややアップしています。2016年の平均売買価格は1,205.4万円です。駅からの平均距離は長くなったものの、築40年以内の古い物件数が大きく減り、平均築年数も減少傾向となったため、価格の上昇につながったと考えられます。
2016年の弘前市の中古マンション平均価格は1,184.6 万円となっており、前年よりも33.6%と大幅に価格が上昇しています。平均築年数が減り、築年数40年以内の古い物件もやや減少傾向です。また、専有面積が100㎡未満という入手しやすいファミリー物件が増えています。
八戸市では2016年の中古マンション平均価格が1,088.8万円で、前年よりも4.6%のマイナスとなっています。これは駅から比較的近い物件が減少していることが原因です。

売買成約数

過去10年の青森県内の売買成約数を見ると、上下しながら移行しています。2015年と2016年を比べると減少傾向にありますが、八戸市での中古マンションの売買数のみ伸びています。八戸市の売買数は前年と比較すると、+60%となっており、大幅な増加です。青森市では-23.3%の減少、弘前市でも-36.4%の大幅な減少となっています。

今後の動向

青森市では、築20年以内の新しい物件が増えており、今後も安定した価格の推移が期待できそうです。特に青森県内の中心部にある中古マンションの人気はまだまだ続くでしょう。
弘前市では、平均築年数が減り、築年数40年以内の古い物件もやや減少傾向です。また、専有面積が100㎡未満という入手しやすいファミリー物件が増えています。こうした現状から今後も価格は安定、もしくは上昇傾向となることが予想されます。
ただし、駅から遠い物件の場合には、土地価格が下がっており、駅近物件の場合には戸建て住宅でも築浅の物件が増えているため、マイホームの購入予定者にはこれらと比較されることもあります。
また、売出価格相場の一覧からも分かるように、青森市内の中古マンション売買価格相場は同じ間取りの範囲であっても幅が大きくなっています。全体では堅調であっても、実際の売却価格が希望通りに設定できない可能性はあります。

関連記事

Pagetop