徹底取材

マンションを売却するときのコツ

マンション売却のコツ
~売却方法の種類を知ろう~

マンション売却のプロが語る、マンション売却のコツ。その一つめは、売却方法や売却先をしっかりと検討し、最適なものを選ぶことにあります。

マンション売却のコツは売却方法の選び方にある

マンション売却のプロフェッショナルが語る、マンション売却の3つのコツ。ひとつめは、マンション売却の方法や売却先を見極めること。

マンションを売却するのに利用する業者は、実は2種類あります。ひとつは、買主を見つけて仲介をしてくれる不動産仲介業者。もうひとつは、自社で物件を買取り、自ら売主として買い手を探すリノベーション会社です。

この2種類の業者から選んだうえで、売却方法を考えます。業者に直接買い取ってもらう、仲介を依頼して買主を見つけて売却する、買取保証制度を利用しながら売却する、といった3種類の選択肢があります。これらの選択肢について、詳しく検討していきましょう。

売却依頼先を選ぶ

先に説明したとおり、マンションの売却先は大きく分けて2種類あります。ひとつは販売活動を行って買主を発見し、売買契約の仲介をしてくれる不動産仲介業者。一般的な不動産業者は、こちらに分類されます。

 

もうひとつは、自社で物件を買い取るリノベーション会社。買い取った物件にリフォームやリノベーションを施し、物件の価値を高めたものを自ら売主として売却します。販売活動の優劣などは関係ないので、複数社に見積もりを出し、1万円でも高く買い取ってくれる業者を選ぶことができます。

 

近年のリノベーション物件ブームもあり、たとえ古い物件でもリノベーションをすれば買い手がつき、しっかりと利益が出ると言われています。古い物件の売却をする場合に、リノベーション会社に売却するのか、あるいは自分でリノベーションを依頼して不動産仲介業者に依頼するのか、じっくりと検討する必要があります。

売却方法を選ぶ

マンションを売却する方法は、主に3種類あります。業者に即金で買い取ってもらう方法、中古住宅市場を介して買主を見つけ、売却する方法、そして買取補償制度を利用しながら市場経由で買主を見つける方法です。ここでは、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきましょう。

業者に即金で買い取ってもらう

メリットとしては、業者に直接買い取ってもらう場合、仲介者がいないので仲介手数料が必要ありません。また、業者が自らリフォーム・リノベーションをするので、買主がリフォームをする必要もありません。さらに販売活動のための内覧も必要ありません。
「即金」という言葉が示す通り、売買契約を結んだあとは数日で代金が振り込まれます。手間がかからず、早く売却できるのが大きなメリットです。
その一方で、売却代金はもっとも安くなるのがデメリット。少しでも高く売りたい場合は、ほかの方法を選ぶのがベター。

中古市場で売り出す

売買価格がもっとも高くなる可能性があるのが、この方法。リフォーム・リノベーションなどを施して、宣伝・内覧などの販売活動をした上で高値での売却を目指します。
ただし、こちらは仲介手数料が必要になります。また、買主がすぐに見つかるとは限らないので、時間をかけて高値で売却したい方向けの方法です。

買取り保証制度を利用しながら売却する

これは、一定期間売却ができなかった場合に不動産会社が買い取ってくれるという保証が用意されているもの。必ず買い手がつくので、売却の予定が立てやすく、資金計画も立てやすくなります。売れないという心配から解放されるのは心強いですね。
デメリットとしては、こちらも仲介手数料が必要になります。また、不動産会社に買い取ってもらう場合は査定額よりも価格が安くなります。

高値を目指すのか、あるいは早期売却を目指すのか

マンション売却のコツは、売却方法や売却依頼先をしっかりと見定めること。そのために必要なのは、時間をかけてでも高値で売りたいのか、あるいは早期売却で現金化を目指し、住換えや再投資をするのか、目標をはっきりさせることです。マンション売却に何を求めるのか、よく検討してみることが大切です。

このテーマのガイド 平賀功一氏

このテーマのガイド

平賀 功一 氏

マンション売却のプロフェッショナル。All About(オールアバウト)でもマンション売却の専門家として450本以上の記事を執筆。

業界のおいしい話や厳しい話も熟知している氏のアドバイスは、一般情報誌では入手できない情報のため、人気を博している。

マンション売却に強い不動産会社5選 マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

Pagetop