徹底取材

プロが語るマンションを売却するときのコツ

マンションを売るコツ
~マンション売却における適したタイミングとは~

マンション売却に重要なのはタイミング!目的に合わせた売却を

マンションを売却するにあたり、どのタイミングで決断をすればいいのか悩むことも多いでしょう。より高く売却するには、目的に合わせたタイミングを見極めることが重要です。

高く売りたい場合の売却タイミング

マンションをより高く売りたい場合は、築年数に注意しましょう。売りどきのタイミングとしては、築15年と言われています。基本的に築10年を経過したマンションは資産価値が下がってしまいます。特に20年を過ぎると水回りが傷み、見た目にも古いという印象を与えてしまうため買い手がつきにくくなります。マンションは築年数が浅いほど高く売れます。外観やデザインも古くない、築5~10年くらいの物件が人気です。
また、マンションの修繕積立金が築15年を超えると高くなるということにも注意が必要です。管理費も高くなることもありますので、修繕積立金や管理費の値上げ前に売却をするといいでしょう。
マンションを高く売りたいのであれば、需要が高い時期に売却をするというのもひとつの手です。時期としては引っ越しシーズンを意識しましょう。転勤や入学など引っ越しの多い1~3月、9~11月がおすすめです。
マンションを高く売りたいなら、マンションの相場が上昇傾向のうちに売ったほうがいいでしょう。2000年前後に安い価格でマンションを購入した場合、現在の相場で売却すれば売却益が見込めます。専門家などは、2016~2017年をピークとして、その後も東京オリンピック開催の2020年までは上昇し続けると予想しているようです。先のことはわかりませんから、上昇傾向のうちに売却を検討したほうがよいでしょう。

買い替えを考えているときの売却タイミング

マンションを買い替えするときのタイミングは、次の物件を見つけたタイミングでスタートするのがおすすめです。いい物件を見つけたら、現在の家の売却に向けて動き出しましょう。今の家が売れてから購入しようと考えても、現在の家が予想通りの価格で売れない場合もありますし、短時間で売却しようとすると安くなってしまうこともありえます。何より、自分が見つけた好条件の物件は、他の人にとっても欲しい物件かもしれません。ライバルが今でも買えるとなると、売り主はすぐに買ってもらえるほうと契約をしてしまうでしょう。不動産の購入は早い者勝ちなので、とにかく早く動くことが大事です。
先に今住んでいる家を売ってしまって、次の物件が見つかるまで賃貸で過ごすという手もあります。賃貸を借りるのはもったいないと考える方もいるでしょう。しかし、古い家を売ってしまえば購入資金で不安になることもありませんし、いい物件を見つけたらすぐに買えるという安心感があります。あわてて売却をすると損をしてしまうケースも多いため注意しましょう

買主の状況を知ろう

適切なタイミングでマンションを売るには、買い手と市場についても把握しておくことが必要です。さらには自分の希望についても確認をすることが大切になります。マンションを売却する理由や、どのような条件で、いつ売りたいのか明確にしておきましょう。目的や条件を具体的にしておくことで、スムーズにマンションの売却ができるのです。売却する際の情報も重要です。売却するマンションの特徴やメリット、周辺状況なども考えてみましょう。広告に載せるポイントは不動産業者が提案してくれますが、実際に住んでいた自分の意見も入れることで、購入希望者の目をひくことができるかもしれません。
自宅の特徴を把握しておけば、それに適した買い手がどういう人がわかります。自宅を買ってくれる人はファミリーか単身者か、新婚さんか、などといったことから、買い手が動く時期に合わせて告知をするなど売却スケジュールを立てるといいでしょう。
さらに、市場を分析しておくことも重要です。消費税増税が迫ったときや住宅ローンが低金利となったときに住宅購入を検討する人が増えたように、税制の変化や景気動向、金利動向によって不動産の市場は変化します。需要の高い時期に売却した方ほうが、高く売れる可能性が高いでしょう。

関連記事

Pagetop