売却のコツ

マンションを売るコツ
~高額でのマンション売却を実現する方法~

高額でのマンション売却を実現するために抑えておきたいポイント

マンションを高額で売却するためのポイントはいくつかあります。立地や設備のような環境はどうしようもありませんが、オーナー自ら対策できる部分も存在します。同じマンションでも、対策をとるか否かで見込める売却額が変わるため、参考にしてみてください。

部屋の対策

投資用物件を購入したり、所持していたりする人の中には、部屋の中は管理会社に任せきりで自分では確認しないというタイプの人もいます。一方で、自分でしっかりメンテナンスをする人や、内部を確認してから購入する人も少なくありません。
マンションを売却するときは、しっかり部屋の中を確認された場合でも、「この部屋なら借り手が簡単につくだろう」と思ってもらえるように整えておきましょう。 具体的には、次の4つの対策が挙げられます。

部屋の清掃

基本中の基本です。不潔な部屋や、掃除が行き届いていない部屋では、入居希望者が内覧に来てもなかなか契約に結びつきません。入居者退去時のクリーニングは信頼できる業者に依頼してしっかり行いましょう。

不具合の修理

これも上記と同様です。キッチン下収納の扉が開きにくい、水漏れがあるなどの問題がある物件は、購入後にメンテナンスが必要だと判断されてしまいます。また、こういう箇所がひとつでもあると、「手入れの行き届いていない物件」とみなされてしまう可能性もあります。不具合は可能な限り直しておきましょう。

臭いや虫の対策

悪臭のする部屋や、虫が出る部屋は不衛生ですし、多くの人が嫌悪を感じるものです。退去時のクリーニングをした際に、臭いや虫が気になる場合は一緒に対策をしておきましょう。

リフォーム

部屋のクロスの汚れや剥がれ、床材の劣化、建具の破損などは、リフォームを行うことで修理が可能です。さらに大がかりなリフォームをして、トイレやバスタブなどを高級なものに変えて付加価値を付けることもできるでしょう。ただし、リフォームには費用がかかります。リフォームによって想定される価値の上昇度合いと、かかる費用のバランスを考えながら行いましょう。

→マンション売却の際のハウスクリーニングの相場を知りましょう

共用部分の対策

一棟すべてを所持している場合は、共用部分についても対策を行っておく必要があります。一部の部屋を所有している場合も、共用部分は見学に訪れた方の目に必ず触れる部分ですから、きちんと管理されているに越したことはありません。もし問題が発生しているようであれば、管理会社に依頼して改善しておきましょう。

エントランスの清掃、整備

これは一番大切な部分です。エントランスはマンションの顔ともいえる部分ですから、いつも清潔を保つようにしましょう。

階段や廊下の清掃と整備

エントランスと同様に、階段や廊下もゴミが落ちていたりすることがないように気を付けてください。

集合ポストの交換

集合ポストが錆びていたり、不具合が出ていたりするようであればメンテナンスするようにしてください。思い切って集合ポスト全体を交換するのもひとつの手段です。

入居者や近隣住民の対策

入居率はもちろん、今後問題になる可能性もある近隣住民との関係についてもケアしておくと良いでしょう。

入居率を上げる

投資用マンションを複数所持している方などは、利回りだけで購入を決める場合もあります。なかなか入居が決まらない場合は、仲介手数料を高くするか、フリーレントなどを活用するなど、不動産や入居者のメリットを大きくして入居率をあげましょう。

入居者や近隣住民とトラブルを抱えている場合は解決しておく

入居者とのトラブルがある場合は、それをそのまま売却先の方に負わせることがないように、売却前に解決しておきましょう。また、近隣住民との間で、「お宅のマンション住人がうるさい」「ゴミ集積所が臭い」といったトラブルが起こることもあります。そのような場合も、事前に問題をクリアにしておくことをおすすめします。
トラブル解決の目処が立たない場合は、間に管理会社を入れるなど、第三者を交えて仲裁してもらうとよいでしょう。

関連記事

Pagetop