体験談

実録・マンション売却の経験者に聞いた体験談
Vol.3「わずか2ヶ月で売ることができて安心しました」

実際にマンション売却を成功させた方の体験談をご紹介しています。売り出しから早々に売却することができた事例をピックアップしました。

マンション売却体験談
Vol.3「わずか2ヶ月で売ることができて安心しました」

マンションの売却には、平均しておよそ半年ほどがかかると言われています。もちろんこれより早いことも遅いこともあります。

では、この売却にかかる時間を決める要因にはどのようなものがあるでしょうか。まず物件の魅力が挙げられると思います。それから適切な(あるいは割安な)価格設定。そして、仲介業者の販売活動。これによって、早期の売却が可能になります。

早く売れるのがベスト!

「いつか売れればいいかな」「そのうち売れるだろう」といった、気長な気持ちでマンションを売却される方も少なくないと思います。しかし、買い手がつかなければ、仲介業者からは値下げを提案されますし、長く買い手のつかない物件は買い手やほかの業者からも不審に思われてしまいます。

ですから、不動産の売却は早く、高く売れるのがベストです。ここでは、わずかな期間でマンション売却に成功した体験談をご紹介しようと思います。

プロのアドバイスで早期売却に成功!

子供が生まれることになり、マンションを買い替えることにしました。築7年の物件で、マンションのポストに「売ってください!」というチラシが入っていたのをよく見ていたので、もしかしたら買い手が見つかるかもしれないと思い、売りに出すことを決意しました。

いくつかの仲介業者に査定をお願いして、その中でも査定額が高く、対応が丁寧で信頼できそうな業者を選んで媒介契約を結びました。3か月の契約でしたが、売りやすい物件であっても3か月で売れるかどうかは少し心配でした。

内覧は全て好感触!

販売活動を始めてから、ほどなく内覧の申し込みがありました。どの方も好感触を持っていただけたようで、わずか2か月で希望の金額で売却することができました!

内覧の感触がよかったのは、仲介業者の担当の方の適切なアドバイスによると思います。内覧はただ家をきれいにしていればいいだけではなく、家具の配置の仕方やや、日当たりが良くなる時間に内覧を受けるなど、物件の印象をよくするためのテクニックをいくつも教えていただきました。

大手と中小規模の業者で迷ったけど…

実は、仲介業者選びでは大手不動産会社と、実際にお願いした業者のどちらにするか、かなり悩みました。今回は結果的に、査定額の高さだけでなく、信頼できるかどうかで選びました。

大手の方が安心感があるような気はしていたのですが、中小企業である今回の業者の方のほうが地域のことをよくご存じで、信頼できる対応をしてくれたことが決め手になりました。

よく考えずに大手の業者にお願いしていたら、今回のようにうまくはいかなかったかもしれません。仕事が早く、対応がよい業者さんのおかげで、2か月という短期間のあいだに売却ができたのだと思います。

マンション売却に強い不動産会社5選 マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

Pagetop