注目企業

マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

マンション売却業者の「ソニー不動産」口コミと評判

ソニー不動産

「ソニー」のグループ会社である「ソニー不動産」は首都圏を中心にサービスを提供しています。独自の販売手法を紹介します。

商号
ソニー不動産株式会社
本社
東京都中央区銀座7丁目2番22号 銀座DOWAビル4階
設立
2014年4月14日
資本金
18億2245万円
事業内容
不動産に関する売買仲介、賃貸管理、リフォーム・リノベーション、コンサルティングなどの総合不動産サービス

口コミ評判が高いソニー不動産のマンション売却の特徴

ソニー不動産は、東京都に本社を持つ大手企業「ソニー」のグループ会社です。中古マンション売却を違う視点から考える新しい手法で注目を集めています。サービスエリアは東京都を中心とした関東エリアの1都3県と、エリアを絞ることで満足度の高い取引を実現しています。 ソニー不動産では、中古不動産の売買としては他社と少し違った手法を取り入れています。もっとも特徴的なのが、購入専門の担当者と、売却専門の担当者が分かれていることです。さらに、インターネットと地元不動産との連携を利用した新しい売買方法を進めています。

ソニー不動産の評判・口コミ

ソニー不動産で行われているマンション売却の評判や口コミ評価を紹介します。実際に利用した人の評判を見ることで、ソニー不動産の実績をよりリアルに感じることができそうです。

ソニーのネームバリューに安心感があった。

エージェント制という新しい手法に興味を持った

担当者の説明が非常に丁寧で、査定価格にも満足できた。

連絡を密に取ってもらえたため、安心して任せられた。

売却に関してのコンセプトに共感をし、ソニー不動産に決定。売却物件を綺麗に見せるコツや、書類作成時に丁寧な説明をしてくださいました。最終的に、他所よりも800万円も高く売却することができました。

急な転勤で、なるべく早く売却をしたいと考えていましたが、広告掲載からわずか2週間で契約することができました。

他の業者で売りに出しても、なかなか買い手が見つからずに苦戦していましたが、ソニー不動産に専属媒介でお願いしたところ、2か月ほどで買い手を見つけることができました。

営業の質がとてもよく、親身に対応してくださいました。成約までの期間はかかりましたが、こちらの意図を極力くみ取ってくださり、売却価格もそこまで落とさず済んだため、満足しています。

はじめは某大手不動産にお願いしていましたが、3カ月間1人も内覧者がおらず、途方に暮れていました。そんな中、ソニー不動産のホームページを見つけ、藁にもすがる気持ちで売却を依頼しました。その結果、広告掲載から1週間で内覧者が現れ、短期間での契約をすることができました。

築十年の3LDKのマンション売却を依頼しました。希望額や希望条件、近所にしられたくない旨を伝えたら、非公開物件として公開してくださりました。売却まで時間がかかりましたが、その間も電話対応・打ち合わせや、内覧時の立ち会いなど、全て対応してくださいました。

売主の立場に立った「エージェント制」でマンション売却を

中古マンション売却を手がけている会社では、売り手と買い手の両方を担当する方法(両手取引)と、片方のみを担当する方法(片手取引)があります。日本では両手取引が一般的ですが、ソニー不動産では売り手のみを担当する「エージェント制」を採用しています。この方法によって担当者は売り手の立場を第一とした価格設定などの希望条件を追求することができるようになっているのです。担当者が買い手と売り手の反する利益の間で売り手に譲歩させることなく営業を行うため、売り手であるオーナーもできる限り希望に添った買い手を探すことができるでしょう。販売活動にはインターネットや地元の不動産会社との連携を用いて行うため、売り手第一でも情報を広く知らせて、効率のよいスピーディなマンション売却が可能です。日本ではこのように売り手だけを担当するエージェント制を取り入れている仲介業者は少数ですが、不動産取引の先進国であるアメリカでは一般的な方法です。

1都3県の実績が豊富

ソニー不動産は、東京都や埼玉県、神奈川県、千葉県でサービス展開を行い、多数の売買実績を収めています。エリアを限定することできめ細かいサービスを行うことが可能です。中古マンション売却はもちろん、戸建て住宅や土地売却なども豊富に取り扱っており、不動産売却のノウハウに自信を持っています。簡易査定や個別相談など、無料で利用できるサービスもあります。

YAHOO不動産「おうちダイレクト」で自分のペースの売却も

ソニー不動産とYahoo! JAPANの共同運営を行う「おうちダイレクト」を利用したマンション売却も魅力です。「おうちダイレクト」は不動産会社の営業を間に入れずに、売却希望者が自分で売り出し価格の設定や情報公開を行うサービスです。不動産会社との相談や提案などを煩わしいと感じる人でも自分のペースで売買を進めることができます。 価格や物件の見学、契約などのサポートはソニー不動産のシステムやコーディネーターを利用することができるため、ノウハウがなくても利用可能です。不動産会社の干渉を最小限に抑えて自分の満足のいく条件をかなえたい場合にも、マンション売却の最初の1歩にも、使いやすい手軽さがあります。不動産会社を介さないため、売却仲介手数料がかからないのもこの方法の特徴です。売却時の仲介手数料を節約したいと考える人におすすめの方法といえるでしょう。

物件情報を広く公開

ソニー不動産では、物件情報の広告掲載量を最大化するように努力しています。売主の物件を無制限に紹介することで、多くの買主希望者を発掘できるのが強みです。どの不動産会社でも、売りたい物件情報が幅広く広告されるとは限らないもの。物件情報が不動産会社同士で共有・流通されなければ、買主が見つかる可能性は狭まります。その点、ソニー不動産では中古流通市場に幅広く物件情報が行き渡り、売主の物件が理想の買主に見つけてもらえる可能性が高いです。多くの買取希望者が現れれば、より良い条件で売却が可能になり、希望価格での物件売却にもつながります。

内見でアピールできる仕組みづくり

不動産の売却情報を見たとき、瞬時に魅力的に映るのは、カラーの販売図面。ところが実際には、白黒で不鮮明な販売図面が多いのも事実です。ソニー不動産では、すべての売却物件情報をカラーの販売図面で広告しています。つまり、すべての物件が、買主にとって魅力的に映るということです。写真数を多くしているのも、工夫の1つ。視覚的なアピールポイントが目立つことから、直感で買主に選んでもらえる可能性も高くなるでしょう。購入検討者が物件のイメージをつかめずに見逃してしまうのは避けたいもの。どんな物件も魅力的にアピールできるのは、ソニー不動産ならではのテクニックです。

失敗しないためのパートナー選び
マンション売却に強い不動産会社3選

売却事例

ソニー不動産で行われているマンション売却事例について紹介します。実際にあった事例を見ることで、ソニー不動産の実績が自分の物件や状況で活かせるか参考にしてみましょう。
ソニー不動産では、実際に以下のような売却が行われていました。

事例1:築20年のマンション売却で満足いく価格に
今は別荘代わりにしか使っていなかった築20年ほどのマンションを、ソニー不動産で売却しました。最初に地元に支店を持つ不動産会社に仲介を依頼したものの、反響が少なく不満を持っていたため、ソニー不動産に相談しました。築年数は経っているもののマンションの価値を高く評価してもらい、価格を見直して以前よりも高値をつけることができました。地元の不動産屋との連携で、内覧希望も多くなり、満足のいく価格でのマンション売却となり満足です。

事例2:物件価値を引き出してマンション売却を
以前から新しい手法でのマンション売却を手がけるソニー不動産に関心を持っていたため、相談しました。築10年になるファミリー向けのマンションでしたが、駅近物件である点や物件の持っている魅力を最大限に引き出す資料を作ってもらい、物件の価値をより正確に伝えられたと感じます。内覧にあたっても、室内をより良い状態で見せられるためのアドバイスをもらいました。売り手だけの担当をするというソニー不動産でしたが、購入希望者の観点もしっかりとわかっていて、よいアピールができたと思います。価格は同様の物件との比較を綿密に行って決定したため、価格交渉の手間をかけず、スピーディに契約にいたりました。

事例3:リフォームもしたマンションを売却
リフォームもした愛着ある家を売却するにあたって、最初にお願いしていた業者は、マンションの外見と間取りのみデータを公開し、訪問客のみに部屋を見せる方針でした。
しかし、いざ内見者が来られても、実物と異なるイメージを持った方ばかり…売却できないまま半年がたち、業者からは「価格を下げましょう」と提案される始末。このまま継続していいことはないと思い、以前ネットで見て気になっていたソニー不動産に相談し、切り替えました。
すると、こちらの希望をどんどん資料に反映してくださり、おかげさまで、この物件を大いに気に入ってくださる方に売却することができました。

関連記事

Pagetop