注目企業

マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

口コミ評判が高い大阪の不動産業者
NITTOのマンション売却の特徴

 
NITTO

大阪市に拠点を置く、マンション売却の仲介業者のNITTOについて、そのサービスの特徴や会社情報をリサーチしました。

商号
株式会社NITTO
本社
大阪市北区芝田2-9-18
設立
2011年8月
資本金
5,000万円
事業内容
不動産売買の仲介・賃貸斡旋および管理、不動産活用に関するコンサルティング業務

大阪で評判の高い不動産業者NITTOのマンション売却を調査

NITTOは、大阪市北区に自社ビルを構える、投資型マンション専門の売買仲介業者。2011年8月に設立した会社で、まだ歴史は浅いNITTO。しかしながら大幅に業績を伸ばしており、投資型マンションに関するコンサルティングにおいてその存在感を日々増しています。

売上高9倍!急成長を見せる企業

NITTOは、マンション投資の市場拡大によるニーズの増加に乗って急成長した企業です。設立3年で売上高は6.5億円から60.8億円まで伸びたのだとか!売上高が約9倍になるというのは、とてつもない事業拡大のペースだと思います。大阪、神戸にそれぞれ自社ビルを建てていることからもその勢いがわかります。

業界最大手ならではのスピード

NITTOが強く打ち出しているのが、そのスピード。市場調査を迅速に行い、グループ会社や大手不動産業者との提携といった方法で売却を進めていきます。

 

販売活動において有利だと考えられるのは、NITTOが投資マンション専門の業者だということ。投資家が日々市場に目を光らせている中で、適切な販売戦略があれば、買い手はつきやすくなります。ニーズに合う物件があればすぐに契約できる投資家たちに向けて情報発信できるわけですから、NITTOによる売却は早期に契約に至る可能性があります。

 

投資型マンション専門業者としては業界最大手のひとつであり、さまざまな顧客のニーズを蓄積しています。こういった業者であれば、ほかでは売りにくいようなマンションであっても買い手がつきやすいと言えるでしょう。

 

なお、これまでに取引が成立した物件はWEBサイトでも閲覧することができます。売約済みの物件を見ていても、自分のマンションがどれくらいの価格で売れるかが大まかにチェックできると思います。あらかじめ相場観をチェックしておけば、査定や価格設定もよりスムーズに進むのではないでしょうか。参考程度に目を通しておくのも良いと思います。

失敗しないためのパートナー選び
マンション売却に強い不動産会社3選

古めの物件でも大丈夫!

スタッフへのインタビューによれば、近年はアベノミクス効果によって株価が上がり、その流れで投資用物件にも資金が流れてきているとのこと。その中でいま売れているのが、比較的築年数が古いもので、賃貸中の物件なのだそう。投資額が低く、安定して収益が得やすいことから人気を集めているのだとか。

 

投資用物件として見るならば、古いマンションでも魅力的ということですね。「自分のマンションは古くて売れないんじゃないか」と諦めるのはまだ早い!NITTOに相談をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Pagetop