注目企業

マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

マンションを売るなら頼りたい業者
日本クリードの特徴と口コミ

日本クリード

マンション仲介会社、日本クリードの特徴や口コミ・評判の声をまとめています。

商号
株式会社日本クリード
本社
東京都文京区本郷2-10-9
資本金
4500万円

マンションを売る人から評判!不動産業者日本クリードの口コミを調査

日本クリードは、中古不動産を専門に取り扱っている不動産仲介業者です。100万円未満の格安物件も取り扱っており、収益物件を探している投資家を中心に評判を集めています。

日本クリードの口コミ・評判

実際に日本クリードでマンションの売却に成功した方の口コミや評判などの情報をリサーチしたので、ご紹介します。

とても情報力のある会社です。仲介業務はしっかりとやってくれます。

専門業者だけでなく、個人の買主も多いので高く売れます。

リピーターをたくさん抱えているようで、安心して依頼できました。

日本クリードは、仲介業務に定評があり、情報力も備えた不動産会社だと思います。特にワンルームマンションを売却する場合、買主は収益物件としての購入目的がほとんど。収益不動産を専門に扱っている日本クリードなら、一般の不動産会社より実績が豊富です。築年数が長いと利回りが厳しくなるので、通常は買取価格を低めに提示されることが多くなります。でも、日本クリードでは、新規のエンドユーザーやリピーター客も多く、エンドユーザーが買主になってくれれば、有利な取引ができる可能性が高いです。営業担当と契約事務が分業制になっていたので、手続きは安心して任せられました。

独自の販売網で売却が可能!

日本クリードは、不動産開発、所得物件宣伝事業、不動産管理といった事業をすべて社内で完結させることのできる企業です。これによって、日本クリードの内部で物件の付加価値を上昇させることができます。しかも社内でこのシステムを構築することで、外部への経費を抑えることができるのが大きなメリットとなっています。

 

具体的に言えば、日本クリードで購入した物件は、運用・管理まで一括して同社に依頼することができます。購入から管理、売却までをワンストップで任せることができれば、それだけコストを抑えることができます。これは買い手にとっては大きなメリットになります。そのため、抱えている顧客が多く、買い手もつきやすくなるのです。早くマンションを売却したい方にとっては、特に重要なメリットではないでしょうか。

毎月250件以上の新規取り扱い

日本クリードでは、投資用区分マンションだけで毎月250件以上の取り扱いがあるのだそうです。物件数が多いと、ラインナップは玉石混交のように思えます。しかし、利回り15%以上の高収益物件も多く掲載されており、不動産投資ビギナーでも買いやすい物件が揃っています。

 

逆に言えば、日本クリードの顧客層は幅広く、ビギナーから投資のプロまで存在するということでもあります。これは売り手にとっても重要なことで、どんなマンションでも買い手がつきやすいことを意味します。中古不動産専門業者ということでノウハウや知識も豊富ですし、安心して依頼することができますね。

市場ニーズ先行型の仲介業

通常の仲介業者の場合、売却依頼を受けて、その情報を市場に流すことで買い手を探します。日本クリードはその逆で、マンションの買い手のニーズをあらかじめ集め、蓄積をしておきます。そのニーズに合った物件が出てくれば、情報を買い手に提供するというスタイルなので、スピーディに売主と買主を結びつけることができます。

 

これも、中古不動産に特化した日本クリードならではの特徴と言えます。

内製化でコストカット

順調に経営をするためにコストを上回る利益を上げる必要があるのは、どこの業界でも共通です。しかし、コストをかけすぎれば消費者に提示する価格は高くなってしまいます。日本クリードでは、内製化を図ることによってコストを削減。法人個人を問わない幅広い顧客に向けて収益物件を供給する部門、管理物件を獲得する部門、管理費の見直しなどにより収益の向上を目指す部門といった社内の各部門で専門的な働きかけをすることで、余計なコストがかかることを防いでいるのです。マンション売却時にも適正価格で売却を行ってくれます。

失敗しないためのパートナー選び
マンション売却に強い不動産会社3選

関連記事

Pagetop