注目企業

マンションを売却する人向けの不動産会社リスト

相談力が評判!FGHのマンション売却の特徴

FGH

マンションを中心に、不動産売買を手がける仲介業者、FGHの特徴や口コミ・評判の声などをリサーチしました。

商号
株式会社FGH
本社
東京都新宿区新宿5-18-20
設立
2012年6月
資本金
3,000万円
事業内容
不動産の売買、仲介、賃貸、管理及び鑑定に関する業務、経営コンサルタント業務、損害保険の代理業務

相談力が評判!マンション売却業者FGHを徹底調査

FGHは、ワンルームマンションを中心として、収益不動産を売買仲介をしている不動産業者。高い専門性を売りに、スピーディに売却に対応してくれるのが魅力です。

FGHの評判・口コミ

FGHでマンションを売却した方の評判をご紹介します。

私の持つ物件では、リフォームする手もあったのですが、高値で売れてもリフォーム代が回収できたかは怪しいところ。柔軟でフレキシブルに提案をしてくれた営業の方の対応力や誠実さには感動しました。

担当の方は、こちらの希望をしっかり聞いて、納得のいく説明をしてくれました。

立地は良い物件だったのですが、築年数も古く見栄えの悪いマンションでした。ただ、投資仲間からFGHさんの話を聞いて相談することに。マンションの売却に長けている業者だけあって、価格アップのためのアドバイスを的確にしてくれました。

ワンルームマンションを売却することにしました。かなり古いマンションだったので買い手はつかない覚悟でしたが、ワンルームに詳しいというFGHさんのおかげで売却できました。

大手不動産会社に比べて、こちらは対応がとてもスピーディーでした。担当した営業マンの方は非常に熱意のある方で、最後まで信頼してお願いすることができました。

査定額が想定より安かったのですが、安い理由を、現在の相場などを背景に、私が納得できるまで説明してくださいました。

高く売れるコツを詳しく教えていただくなど、担当者の方には多方面にわたってお世話になりました。売却活動はもとより、買い手が決まってからの流れもスムーズでした。

リスクコントロールに長けた業者

FGHは、知る人ぞ知る不動産のプロフェッショナル集団。不動産の問屋のような役割をしていることもあって、同業他社からも一目置かれる存在なのだそうです。

 

そんなFGHがマンション売却の仲介業者としてオススメできるのは、リスクコントロールに長けた提案力をもっているため。FGHでは、マンションを売却するべきか、あるいは持ち続けるべきかを判断するための的確な指標を持っています。「売却運用率」「リスクパーセンテージ」というふたつの指標を使うことで、売却したい不動産に関するリスクを予測することができます。

売却運用率
売却運用率というのは、今物件を売るべきか、後で売るべきかを判断する指標。FGH独自の計算式を持って売却益を算出し、迅速な判断の根拠とすることができます。
リスクパーセンテージ
リスクパーセンテージは、現状の家賃で物件を持ち続ける場合のリスクを計算するもの。数年後にどれだけのリスクが生まれるのか、立地などから計算することができます。
FGHなら、リスクを最小限に抑えてマンション売却ができるので、もっとも合理的で確実な選択肢を取ることが可能なのです。

適切な査定額が算出できる

リスクコントロールだけでなく、FGHは収益還元法という物件の査定方法にも精通している業者。収益還元法とは、その物件が将来生み出す収益を計算するもの。現在の価値だけでなく、将来の利益まで含めて計算をしてくれるので、より正確に物件の価値を査定することができます。

 

仲介業者は、ただ査定額が高いだけの業者を選ぶのがもっとも危険。買い手がつかず、どんどん価格を下げて売却されるので、結果的には損をします。それよりも、FGHのような正確な査定が可能な業者を選ぶべきでしょう。

 

マンション売却の仲介業者としては、非常に合理的な提案ができるという点でもっとも信頼できるのがFGHだと思います。

顧客に寄り添った対応が評判

不動産売買の業界で、売却に特化した会社というのは、10~20名の規模で営業していることがほとんど。いわゆる押しが強めの営業が多く、社員の能力に業績が左右される会社です。一方、FGHはマンション売却に特化しつつも60名弱の社員構成となっています。そのため、営業以外の業務を担当する部門も整備が行き届いているそうで、顧客への手厚いフォローサービスにつながっていると評判です。

 

さらに、グループに賃貸店舗を運営している会社を保有していることも安心ポイントのひとつ。賃貸経営・仲介にかんするノウハウが豊富なので、あらゆる条件の売却案件を手掛けてきたとのこと。また、台湾に100%出資の子会社を置いていて、海外投資家のネットワーク構築もしているそう。「自分のマンションは売れるのかな…?」という不安を持つ人も、FGHなら安心して任せられますね。

 

FGHのお客さんに聞いたところ、コンプライアンス遵守も徹底しているため、不動産会社でイメージされる行き過ぎた営業スタイルとは無縁の会社だそうです。

業界初!マンション売却に必要なノウハウを学べるセミナー

FGHは業界初のマンション売却に特化した「売却運用セミナー」を開催しています。同業者との情報交換で得た豊富なノウハウを教えてもらえるのが魅力。不動産業者の中には個人投資家よりマンションを高価格で買い取ってくれところもあるのですが、セミナーでは「なぜそのようなことができるのか?」という収益不動産業界の仕組みも教えてくれますよ。「不動産売却で利益を上げたい」「有効な保有方法を知りたい」という人は、セミナーへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

海外投資家にも直接アプローチできるネットワーク

 

FGHは海外投資家向けに設立した100%子会社の現地法人を持っていて、東南アジアを拠点に独自のネットワークを築いています。そのため、海外投資家へ直接アプローチをすることが可能です。海外投資家は国内投資家とは違う基準で投資先を選ぶため、売却先の幅を拡げることができます。日本は政権交代があっても極端に政策が変わることがなく、治安も良いと海外投資家から評判。FGHなら海外投資家とのネットワークが豊富なので、マンション売却を有利に進められます。

豊富な物件件数

収益不動産の売買仲介を専門にしている業者は、FGHを含めて50社にも満たない数です。ただし、FGHが創業した約10年前に比べると、約5倍にも急増しています。そのような競争が激しい業界にあって、常に300~500件もの売却物件を抱えている業者は希少です。FGHが取り扱っている物件数は豊富であり、過去には3,000件以上の取引実績がある信頼性も注目すべきポイント。そして、FGHの売却物件の多くは流動性が高いことも特徴です。立地や駅からの距離、価格などの条件次第では、あっという間に成約済になる物件も多いことから、自分の物件も安心して任せられるのではないでしょうか。

分業制だからどんな相談にも対応

FGHでは、完全分業制のシステムを導入。一般的な不動産仲介業者と比べると、めずらしいスタイルです。一次窓口となる営業担当者をはじめ、すべての分野ごとにスペシャリストが待機し、万全な体勢で対応してくれます。契約から引き渡し業務、税務 相談などのアフターサービス業務、賃貸管理業務まで、専門知識と実務に優れた担当者が引き受けてくれることから、あらゆる相談を持ち掛けることが可能です。何を相談しても、的確で丁寧な対応が返ってくるので安心。FGHはお客様との信頼関係を重ねていくことを、なにより大切にしているといえるでしょう。

失敗しないためのパートナー選び
マンション売却に強い不動産会社3選

FGHの売却事例

事例1:FGHの機動力の高さでスムーズに売却
以前購入した新築マンションを売却することになり、ある大手不動産会社にメールで査定を依頼しました。ところが、なかなかレスポンスがなかったため不信感を抱いてしまい、今度は機動力の高そうなFGHさんに連絡。FGHさんは、大手とは違ってすぐに査定に来てくださいました。その後、先に連絡をしていた大手不動産会社からも連絡があったのですが、動きが迅速なFGHさんに仲介をお願いすることに。FGHさんの売却活動は非常にスムーズで、すぐに買い手がつきました。担当してくれた営業マンの方が非常に熱心だったことが印象的です。

事例2:コンパクトマンションの仲介が得意
新築で購入したマンションに2年住んだところで、実家に戻らなければならない事情ができたため、急きょマンションを売却することになりました。いくつか不動産会社を比較した結果、1LDKという我が家のようなコンパクトなマンションの仲介を得意とするFGHさんを発見。さっそく査定依頼をしました。FGHさんの仲介の結果、見学してくれた方は合計で10組くらい。その中から買い手が見つかり、スムーズに手続きが済みました。FGHさんにお願いして、ベストな売却ができたと思います。
→マンション売却の価格査定の仕組みを知りましょう

関連記事

Pagetop