マンション売却に強い
不動産会社を徹底比較

  • マンション売却時は最適な不動産会社選びがポイント
  • 不動産会社には、それぞれ得意なことがある
  • 高値・スピード・オーナーチェンジに適した会社を紹介
  • とにかく高値で売るなら

    FGH

    FGH

    公式サイト

    高値売却に特化

    とにかく高値で売りたいと考える人は、FGHに相談してみましょう。もっとも高い売却益を得るための柔軟な提案が強み。明確な数字指標を基に、リスクや収益を高い精度で計算してれます。

  • 売却金額よりスピード重視

    三井のリハウス

    三井のリハウス

    公式サイト

    売却までのスピード重視

    テレビCMでもおなじみ、三井のリハウスは、全国各地にネットワークを展開している不動産会社です。三井のリハウスの強みは売却までのスピードにあります。

  • オーナーチェンジなら

    あなぶき興産

    あなぶき興産

    公式サイト

    オーナーチェンジに強い

    あなぶき興産は、50年以上の歴史を持つ不動産会社です。オーナーチェンジを検討している人にとって強い味方になってくれるかもしれません。

FGH[高値売却]

http://www.fgh.co.jp/

基本情報

  • 収益還元法を熟知した担当者が各指標から売却を的確に判断
  • 過去4,000件の豊富な取引実績から売却運用率をシミュレーション
  • WEB サイトでは売却運用率が分かるシミュレーターが利用できる
  • 業界では珍しいマンション売却に特化したセミナーを開催
  • 台湾に100%出資の子会社があり、海外投資家へのネットワークを構築

おすすめPOINT!

・高値での売却が可能

収益不動産にこだわって経営を続けてきたFGHには、独自のネットワークがあります。FGH内の顧客はもちろん、同業他社の優良顧客にもスピーディーに物件をアピールできるのが強みです。より高値で買い取ってくれる顧客も抱えているため、マンション売却の価格にこだわる方には見逃せない不動産会社です。

・収益不動産に熟知したマンション売却のノウハウ

収益不動産のプロフェッショナルであるFGHは、独自のノウハウで、個別の状況に応じたオンリーワンのプランを提案してくれます。過去4,000件以上の取引実績には信頼性が高く、実際の取引事例や今後の経済情勢を踏まえたうえでのシミュレーションにも心強さあり。マンション売却の最適なタイミングを逃さないためのアドバイスをもらえます。

・マンション売却に特化したセミナー

業界でも注目されているのが、マンション売却に特化したセミナーの存在です。マンション売却で利益を上げる方法、売却すべきか保有すべきか、さらには有効な保有方法まで学べるセミナーが開催されています。

・個人投資家や海外の投資家に直接アプローチ

マンション売却は、依頼した不動産会社が、いかに購入希望者にアプローチできるかにかかっています。その点、FGHでは、収益不動産に実績が高いことから、個人や法人の投資家をはじめ、海外の投資家にまでじかにアプローチできるのがメリットです。台湾に100%子会社の現地法人を持つのもFGHならではの強みです。

・WEBサイトで投資シミュレーター

FGHが提供している投資シミュレーターは、WEB上で利用できる便利なツールです。マンションの売却にあたって、発生し得るリスクを最小限にくい止めるには、リスクパーセンテージを知ることが重要。投資シミュレーターなら、売却運用率も合わせて把握し、最適な判断の手助けをしてくれます。

事例

[事例1]大阪の築12年・1R・21平米
大阪の物件ながら、東京の買主に希望額である1,000万円での売却が成立。
[事例2]築8年・1R・25平米
売却後のシミュレーションをした上で条件を考えられたので、納得の上で売却。2,350万円で契約成立。
[事例3]築29年・1K・16平米
いちばん丁寧で誠実だったFGHに仲介を依頼。ある程度時間がかかることを覚悟していたが、集中的に販売活動をしてくれたようで、スムーズに希望金額で売却ができた。

口コミ・評判

他社と違って、しっかりとした数字での指標があるので、話が分かりやすかった。リスクへの不安が少なかったので、安心して任せることができた。
マンションをリフォームする手もあったのですが、高値で売れてもリフォーム代が回収できたかは怪しいところでした。柔軟でフレキシブルに提案をしてくれた営業の方の対応力や誠実さには感動しました。
築年数も古いマンションだったので、売れるかどうか不安でした。ただ、投資仲間からFGHさんの話を聞いて相談してみたところ、マンションの売却に長けている業者だけあって、価格アップのための動きを的確にしてくれました。

総評

FGHは、マンション売買のプロフェッショナル集団と言われる業者。マンションのことを知り尽くしており、投資家をはじめとしてたくさんの顧客を持っています。売却することで出る収益を、高い精度で計算することができるので、もっとも得をする方法で売却することができるのが強み。リスクや収益を考慮しながら処理が進められる点で、お勧めできる業者です。また、自社マインドを大切にし、社員の中途雇用は基本行わず、新卒入社からの育成に力を入れているのも特徴。ひと昔前のように、行き過ぎた営業スタイルとは無縁の会社です。一般的に売却特化の会社は10~20名の規模ですが、FGHは60名の社員で構成されているそう。スピーディーな売却を提供しながら、手厚い顧客フォローが受けられると評判です。

評判・おすすめポイント

公式サイト

三井のリハウス[スピード]

http://www.rehouse.co.jp/sellers/

基本情報

  • 30年連続全国売買仲介取引件数No.1
  • 月間10,000名以上の購入検討者がいる
  • 過去10年間の取引実績をもとにスムーズな売却ができる
  • 担当者全員が宅地建物取引士の有資格者
  • 360°サポートで相談から取引後までをサポート

おすすめPOINT!

・全国に展開されているネットワークの広さ

三井のリハウスの特徴の一つは、全国ネットワークの広さ。現在、全国各地に279店舗が展開されており、遠方同士の取引も可能です。

・スピーディーなマンション売却をサポート

スピーディーで確実なマンション売却が、三井のリハウスのモットーです。マンション売却で多くの人が心配するのは、自分の物件が売れるかどうかということでしょう。三井のリハウスではこうした悩みもサポートシステムにより対策されています。現状のままで早く確実に売ること、近隣に知られずに売却活動を行うことも実現。決まった期日までの確実な資金化など、計画的なマンション売却の悩みにも売却保証システムによって応えてくれます。

・売却物件の印象をアップ

住宅補修サービスや住まいクリーンアップサービス、リフォーム・メンテナンスサポートなどにより、売却物件の印象を事前にアップしてくれるサービスも、スピーディーで確実な売却に一役買っています。

・マンション売却のプロフェッショナルが担当

三井のリハウスでは、マンション売却の担当に、100%宅地建物取引士資格保持者があたってくれます。マンション売買のプロフェッショナルが担当してくれる安心感は、格別です。

事例

他の不動産会社に仲介を依頼していたNさんは、三井のリハウスに依頼してから、ほんの数日でマンション売却が実現したといいます。ほぼ希望に近い売却価格でマンションを売れたのは、居住していたときよりも良い印象にして、物件をアピールしてもらえたため。法的な知識をしっかりと備えた担当者には頼りがいがあり、売買完了まで安心して任せられたといいます。

口コミ・評判

他社ではまったく売れなかったのに、三井のリハウスにお願いしたら10日ぐらいで売れてしまいました。売値も対して変えていなかったのですが、広告の写真や解説が丁寧で良かったそうです。
法律面でもとても知識の豊富な方が担当してくださって、有意義なアドバイスをくださいました。
もうすぐ売買完了になります。とても感じのいい方が対応してくださいました。

総評

全国ネットワークが広大な三井のリハウスでは、それだけ取引の実績も豊富です。マンション売却にまつわるサポートが充実しているのも大手の強みです。自分のマンションがすぐに売れるか心配な人は、三井のリハウスに相談してみる価値があります。

評判・おすすめポイント

公式サイト

あなぶき興産[オーナーチェンジ]

http://www.anabuki-solution.com/

基本情報

  • オーナーチェンジ物件の売却ができる
  • 首都圏から西日本全域まで対応エリアを幅広くカバー
  • 現在空室物件の売却もできる
  • リースバック物件の売却可能
  • 1戸から複数戸まで売却時の件数を問わない

おすすめPOINT!

・オーナーチェンジ物件もお任せ

あなぶき興産では、賃貸中のマンションを売却してオーナーチェンジになる場合にも、安心して取引を依頼できます。物件の賃貸契約をそのまま継承できるのがメリットで、1戸でも複数戸でも対応可能です。入居者が退去してくれそうにない物件でも、現行のままの賃貸契約を継承できるので、トラブルを防ぐことができます。首都圏と西日本に2大拠点を置いていることから、幅広いエリアに対応できる点も魅力です。築年数の古い物件にも、柔軟に応じてもらえます。

・室内状態の心配なし

オーナーチェンジ物件の場合、マンション売却にあたって、室内の状態が心配になるものです。改築が必要になり、余計な費用がかかるのではないかという懸念もあるでしょう。あなぶき興産なら、室内を見ずに売却が可能です。

・全国ネットで物件をまとめて売却

全国各地にマンションを所有している場合、複数のエリアにまたがった物件を売却するのは手間がかかります。あなぶき興産は首都圏から西日本にかけてのネットワークがあり、広域エリアにおよぶマンション売却をサポートしてくれるのがメリットです。

事例

賃貸中のマンションを売却したかったIさんは、あなぶき興産がオーナーチェンジ物件を得意としている点に目をつけました。賃貸契約のみならず、マンションの維持管理まで継承できるシステムは、あなぶき興産ならでは。賃貸人がいるままのマンションでも、安心して売却することができたといいます。複数の地域にまたがってマンションを保有していたIさんは、対応エリアが広いあなぶき興産に、他のマンション売却も依頼したいと考えています。

口コミ・評判

築年数が古いマンションの売却に不安を感じるオーナーでも、満足の売買取引を行ったとの口コミが多数集まっています。あなぶき興産の実績の70%が、15年を超える築年数のマンション。室内の状態にかかわらず、マンションの売却が可能なことも心強いですね。

総評

あなぶき興産は、オーナーチェンジ物件に強いのが特徴です。築年数が古いマンションでも、室内状態の心配がありません。首都圏から西日本にまたがって、ネットワークを活かした対応をしてくれます。さまざまな事情に対して、あなぶき興産は頼りになる存在です。

評判・おすすめポイント

公式サイト

マンション売却を成功させるには不動産会社選びが最も大事

このサイトを訪問している方々は、恐らく、これまで多くのウェブサイトや人づてなどで、マンション売却に関する事例をたくさん学んできたことでしょう。そして、それら事例の中で最も多く目にしたのが、売却の失敗事例だと思います。

なぜそれほどまでに多くの人が満足できる売却を実現できないのでしょう? 物件の条件が悪すぎたのでしょうか? 担当営業マンの力量が足りなかったのでしょうか? 景気のせいでしょうか? それとも何か別の理由があるのでしょうか?

その理由は他でもない、会社選びに失敗したからです。

そもそも不動産会社には種類があることを知らないまま、売却のプロセスを踏んでいる人もいます。あるいは、不動産会社によって得意分野や苦手分野があることを知らなかった人もいます。果ては、オーナーご自身が売却の目的を明確化できていない場合もあります。

今マンション売却を検討中の方は、マンション売却に関する基本を十分に理解したうえで会社選びをすることをお勧めします。それこそが、これまで多く目にしてきた失敗例の轍を踏まない唯一の方法です。

不動産会社の種類を知る

不動産会社には種類があります。ご存知の方が大半だとは思いますが、まずは基本のおさらいとして学んでおきましょう。

不動産会社は、分譲業者、買取再販業者、仲介御者、その他の業者の4種類に分けることができます。

◆分譲業者

主に、一戸建てや新築マンションの建設、販売を手掛けるタイプの不動産会社。中古物件を買取してリフォームを施し、物件価値を上げて転売する業務も行っています。

◆買取再販業者

物件を低めの価格で買取り、価格を上乗せして転売することを専門に行っている不動産会社。買取った物件にリフォームを入れ、物件価値を上げてから転売する場合もあります。急な入用で物件を手放したいオーナーなどが、このタイプの不動産会社を利用しています。

◆仲介業者(媒介業者)

物件の売買において、売り手と買い手の中間に入って契約を成立させる不動産会社のこと。売買のみならず、賃貸においても貸主と借主の仲介を行っています。

◆その他の業者

上記以外の業務を専門にしている不動産会社。投資用物件や商業用物件の仲介を中心に行なっている業者などが含まれます。

不動産会社選びの際には、まず、その会社がどの種類の不動産会社に属するかを確認しましょう。投資用物件の売却を希望しているにも関わらず、分譲を得意とする不動産会社に売却を依頼してしまうことのないようにしてください。

なお、不動産会社を選ぶ際に大手業者にするか、それとも地元の中小業者にするかについて悩む人も多いと思います。

大手を選ぶメリットは、何より安心感。どの営業マンが担当になっても、誠実な対応をしてくれるでしょう。大手だからこそ見込客も多く抱えているはずなので、比較的迅速に買主が見つかるかも知れません。一方で地元の中小を選ぶメリットは、その土地の不動産事情をよく知っていること。狭いエリアに限定した不動産事情に習熟しているため、大手に比べて有利な条件で売買が成立する可能性もあります。大手と中小のどちらが良いかについては、その都度、そのタイミングなどで変わってくるでしょう。

一般に、物件の売却を依頼した場合は「レインズ」というサイトに登録され、大手も中小も関係なく、みな平等に物件情報を閲覧できる仕組みとなっています。その意味では、大手が極端に有利になることもなければ、中小が極端に不利になることもないと考えられます。

不動産会社には、それぞれ得意・不得意がある

不動産会社に認められている業務は、実に多岐にわたります。超大手不動産会社であれば、それら業務のすべてに対応している可能性もありますが、一般的には、それら業務の一部に特化して不動産事業を行なっているのが通例。つまり、一般的な不動産会社には得意分野と不得意分野がある、ということです。

たとえば、HPではあらゆる不動産業務に対応している旨をうたっているものの、実際には業務の9割がマンション売却だったりする会社もあります。あるいは、HPでマンション売却に強い旨をうたいながら、実際の取引のほとんどは賃貸物件の仲介だったりする会社もあります。他にも、買取後のリノベーションに力を入れている会社や、企画開発に力を入れている会社など、実際のところは各不動産会社において得意分野と不得意分野があるのです。

よって、不動産会社選びをするときには、HPやパンフレットに書いている内容を鵜呑みにせず、各種の外部からの情報に多く目を通し、なおかつ実際にその不動産会社の社員に会って話してみることが、とても大事であることを理解しておきましょう。

マンション売却に強い不動産会社とは

不動産会社の種類を知り、かつ不動産会社には得意・不得意があることを知ったら、あとは実際に不動産会社選びへと進みます。マンションを売却するためには、マンション売却に強い不動産会社を探すことになります。

マンション売却に強い不動産会社を探す際のポイントは2つ。実際の物件情報を確認することと、気になる会社に直接問い合わせてみることです。

◆物件情報を確認する

マンション売却に強い不動産会社は、公式HPの中で具体的なマンション売買物件情報を豊富に掲載しています。複数の同業者の物件情報と見比べてみて、明らかに公開されている物件情報が多い場合には、その不動産会社はマンション売却に強いと判断して良いでしょう。公式HPだけではなく、その会社のチラシや店舗掲示などに掲載されている物件情報も確認できれば尚良しです。

◆直接問い合わせる

具体的な物件情報をすべてHPで公開している不動産会社もありますが、多くの場合は、物件情報の一部しか公開していないのが一般的。HPから無料会員登録をすれば他の物件情報を閲覧できる場合もありますが、どんどん先に進んでいくと「来店者には非公開物件情報を提供」など、がっかりするような終点が待ち受けていることもしばしばです。そのような時は、実際に直接問い合わせてみることが一番。会社を訪問して色々な情報を確認してみても良いでしょう。

不動産会社選びはマンション売却のスタートラインに過ぎません。この段階でモタモタしている間に、思わぬチャンスが逃げていく可能性もあります。HP等での物件情報の確認、および会社への問合せを速やかに実行するようお勧めします。

目的に合った業者を選びましょう

マンション売却を得意とし、物件情報も豊富な信頼できる不動産会社を見つけたからといって、それだけで契約を決めてしまわないようにしましょう。最後に確認すべきは、売り手であるあなた自身が何を重視してマンションを売却したいのか、ということです。

不動産会社にも、あなたと同様、取引において特に重視しているものがあります。売り手であるあなたが重視しているものと、不動産会社が重視しているものとが一致したとき、そこでようやく契約へと進んでください。

たとえば、あなたが「少しでも高く売る」ということを重視しているならば、同じく「少しでも高く売る」ということを重視している不動産会社を選ぶべきです。あるいは、あなたが「少しでも早く売る」ということを重視しているならスピード重視の不動産会社が良いでしょう。「オーナーチェンジで売却したい」と考えているならば、オーナーチェンジに力を入れている不動産会社を探します。

マンション売却を得意としている不動産会社同士でも、会社方針や企業文化が違えば、それぞれ重視するものが異なってきます。あなたが重視する事と会社が重視する事との一致を確認したうえで、自信を持って次のステップへと進んでいきましょう。

マンション売却を考えるなら知っておきたい不動産会社

Pagetop