コラム

マンション売却に関するコラム

マンション売却の今と昔は?近年の動向

マンション売却の近年の動向

マンション売却を取り巻く状況は移り変わってきました。価格をはじめ、契約方法やトレンドなど、さまざまな面で変動してきています。昔と現在とでは、マンション市場の動向にどのような違いがあるのでしょうか?

6度のマンションブーム

現在人気を集めているのは、東京都心のタワーマンションです。購入を希望する人が多いことから、新築マンションも多く建っています。しかし、現在に至るまで、マンションブームの時代もあれば、需要が減る時代もありました。これまでに言われている6度のマンションブームの歴史を振り返ってみましょう。

第一次マンションブームと呼ばれるのが、1963年から1964年です。1962年に制定された「建物の区分所有等に関する法律」により、住宅ローンを利用した購入が始まった時代です。1964年に開催された東京オリンピックが景気を刺激したこともマンション開発・購入につながりました。

第二次マンションブームが1958年から1969年。3年間の住宅ローン付きマンションが供給されはじめ、マンションの大衆化が進んだ時代です。

第三次マンションブームは1972年から1973年を指します。1970年に住宅金融公庫の制度が始まり、1973年には全国の分譲戸数が15万個を超えました。

第四次マンションブームは1977年。東京都近郊エリアでマンションブームが巻き起こりました。広い敷地には公園やコミュニティを設置し、緑の多い快適な環境での暮らしを提案する会社が増えた時代です。この時代からオートロックの導入や24時間管理体制など、マンションの安全性や快適さを売りとするマンションが増えていきます。

第五次マンションブームが1986年から1988年。バブル経済で地価が高騰したことから、都心におけるマンションの高額化が進みました。10億円を超えるマンションが建ち、郊外ではファミリー向けのマンションが増えていきました。

第六次マンションブームは1994年。地価の下落に伴い、都心回帰が起こりました。世帯数の多い大規模なマンションや超高層マンションが増えた時代です。

このように住宅としてマンションは時代とともに変遷を遂げてきました。価格帯や建物の構造、世帯数なども大きく変わってきたことがわかります。

時代による違い

マイホームとしての購入が多いマンションですが、バブル期は投資先としても多く購入されていました。お金に余裕のある人は土地や株に投資をしていたのです。マンションも値上がりをする時代で、購入し売却をするだけで、大きな利益を得ることができました。しかし、バブル崩壊後、土地や不動産の価格が大きく下がり、返済できないローンが不良債権となり、金融機関が破たんしていくことになります。

現代は東京都の土地価格がバブル前の価格に落ち着き、低金利の時代です。その中で、マンション投資は安定した利益を生む商品となっています。今後は2020年に開催される東京オリンピックの影響で、東京都心の土地が値上がりしていくことが予想されます。景気が上昇していくとともに金利も上がり、土地価格も上がると考えられるため、マンションは長期的に安定して運用できる投資先として、さらに人気を呼ぶでしょう。

また、マンション売却における媒介契約の形態も変わってきました。以前は複数の業者に依頼したほうが早く高額で売れると考えられ、一般媒介契約をするのが主流でした。現在ではインターネットの普及に伴い、レインズへの登録など不動産業者の売却方法も変化しています。一般媒介契約よりも、専任媒介のほうがスムーズに売却できる時代となったのです。

価格の移り変わり

マンションの平均価格が1,000万円を超えたのは、1973年が初です。この頃は、全国における分譲戸数が15万戸を超えた、第三次マンションブームと言われた時代でした。その後、オートロックの導入や公園の設置など、安全で安心のマンションが人気となります。1986年のバブル期には都心で10億円以上のマンションの供給が増えました。バブル崩壊後は急激に地価が下がり、東京近郊の交通の便がよいエリアに低価格のマンションが建つようになりました。現代では、ローンを組めばマンションが購入できる価格のマンションも多く供給されています。

関連記事

Pagetop