連載講座

初心者向け・マンション売却の基礎講座

マンションが売れない理由を分析

マンションが売れない理由は?売れない場合の対策について知る

不動産業者にマンション売却を依頼しても、なかなか売れないことがあります。そのような場合は、きちんと取り引きできるかどうか心配になってしまうことでしょう。売れないのには何か理由があるのかもしれません。価格を下げる前に、なぜ売れないのかを分析し、対策を考えてみましょう。

マンションが売れない場合の改善策

マンションが売れない場合、まずは販売活動を見直してみることが重要です。インターネットやチラシなど十分な広告活動がなされているかをチェックしましょう。一般媒介契約ではない場合、1~2週間に1度は状況を報告する義務があります。その際に、「どのような広告で、どのように情報公開が行われているか?」「問い合わせはどれくらいあったのか?」「売れない場合はどうしたらいいか?」といった内容を、不動産業者の担当者に確認するようにしましょう。特に現代はインターネットで中古マンションを探すケースが多いです。自分でも検索してみて、大手のサイトに複数登録されているかどうかを確認するようにしてください。
また、物件が魅力的に見えないと問い合わせもきません。使用している写真がどのようなものか、見直すことも必要です。不潔な印象はないか、生活感があふれていないかチェックし、できるだけキレイで清潔感があり、オシャレな雰囲気の写真を使いましょう。
いくら媒介契約をしたからといって、業者にまかせっきりにするのではなく、自ら動くことも大切です。こちらから連絡をしないと、連絡をくれない担当者もいます。物件は日々数多く入ってくるので、見過ごされてしまうこともあります。不動産業者との連絡は積極的に行うようにしましょう。日ごろのアピールによって、不動産業者も物件のことを気に留めてくれるかもしれません。

適正な価格になっているかを見直す

マンションが売れない場合、価格の見直しも必要です。インターネットで物件を検索すると、規模や築年数、地域や広さなどの条件が同じ物件が一覧で表示され、比較できるようになっています。そのため、価格が高いとそれだけで除外されてしまうかもしれません。
相場は常に変動するものですから、2~3ヵ月前に設定した価格では、高くなってしまっている可能性もあります。価格の見直しは周辺の相場を確認しながら行うことをおすすめします。不動産業者に確認することも大事ですが、自分でも物件探しのサイトをこまめにチェックし、価格相場を確認しておくとよいでしょう。

中古マンションが人気とはいえ、古い物件よりは築浅物件に人気が集まるものです。築年数と価格相場の均衡が取れていない場合は、問い合わせさえも来ないかもしれません。売れない理由が価格にあると予想される場合は、価格を見直すことも必要です。
小刻みに価格を下げていく方法もありますが、あまり頻繁に価格を下げていると、「もっと待てばさらに下がるかもしれない」と思われてしまいます。いずれ価格を下げる意向があるなら、一気に価格を下げてしまいましょう。20万円下げるよりも100~200万円ほど一気に価格を下げることで、買い手の「ここで買わなければ!」という購買意欲をかきたてることができるのです。

最終ラインは6ヵ月?

売れないと判断する基準は、通常3ヵ月と言われています。販売活動もしっかり行っているのに売れないのであれば、価格に問題がある可能性が高いでしょう。問題がなければ普通は3ヵ月で売却できることが多いためです。
ただし、3ヵ月経っても売却できないからといって、すぐに価格を下げなければいけないわけではありません。必ずしも価格がネックになっているとは限らないからです。「問い合わせはきているか」、「内覧はどれくらいあったか」、「どの年齢層が興味を持ったか」、「内覧に来ても決まらなかった理由は何か」といった点を確認し検討したうえで、やはり価格を下げたほうがいいということであれば見直しをおこなったほうがよいでしょう。
さらに3ヵ月、つまり広告を出して6ヵ月経っても売却できない場合は、売れ残りと見られてしまいます。いつまでも残っている物件は、「ワケあり」などと思われ、さらに買い手がつかない状態になります。その際には、不動産業者を変えるなど、さらに対策を検討していくことが必要です。
→マンション売却に必要な期間を知りましょう

関連記事

Pagetop