連載講座

初心者向け・マンション売却の基礎講座

マンション売却で買主が決まってからの契約当日の流れは?

マンション売却の契約当日は何をすればいいの?

マンションの買主が決まれば一安心です。しかし、本当に安心するのは契約をきちんと済ませてからにしましょう。この記事では、マンション売却における契約当日の動きや流れ、準備しておくものについて解説します。

当日に必要な書類

売買契約の際には次のような書類を用意します。基本的には不動産業者が指示してくれますが、複数のお客さんを相手にしているため、伝え忘れてしまうこともあります。自分でしっかり準備をしておきましょう。

・実印

宅地建物取引士による重要事項説明のあと、重要事項説明書と売買契約書に署名と捺印をします。その際に実印が必要となります。

・身分証明書

公的機関が発行した身分証明書を準備しましょう。運転免許証、各種健康保険証、住民基本台帳カード、年金手帳、パスポートなどです。 これらの身分証明書の提示は、犯罪収益移転防止法という法律で定められています。マネーロンダリングやテロ資金供与防止のため、不動産業者が確認をすることになっています。

・収入印紙

不動産売買契約書に貼る収入印紙が必要になります。金額は契約金額によって異なります。平成26年4月1日から平成30年3月31日の間に作られたものに対しては、軽減税率が適用されます。金額は以下の通りです。( )内は本則税率です。

10万円を超え50万円以下のもの…200円(400円)
50万円を超え100万円以下のもの…500円(1,000円)
100万円を超え500万円以下のもの…1,000円(2,000円)
500万円を超え1,000万円以下のもの…5,000円(1万円)
1,000万円を超え5,000万円以下もの…1万円(2万円)
5,000万円を超え1億円以下もの…3万円(6万円)
1億円を超え5億円以下のもの…6万円(10万円)
5億円を超え10億円以下もの…16万円(20万円)
10億円を超え50億円以下のもの…32万円(40万円)
50億円を超えるもの…48万円(60万円)

・手付金を受領した際の領収書

買主から受領した手付金の金額を記載した領収書を用意します。売主が個人の場合、印紙は必要ありません。

・仲介手数料

不動産会社に支払う仲介手数料を用意します。仲介手数料は上限が決められています。なかには仲介手数料の上限の半額にしたり、無料としたりする不動産会社もあります。
→マンション売却における仲介手数料をチェック

・固定資産税等納税通知書

固定資産税は通常、決済日の前日までが売主負担となるので、固定資産税納税通知書に記載されている金額を日割り計算して算出します。

・権利証

不動産の所有者であることを示す権利証(現在では登記識別情報通知)を用意します。権利証が複数になっている場合もあるので、事前に不動産業者に確認しておくといいでしょう。

契約当日の流れ

契約当日は、売主、買主、司法書士、銀行、売主側業者、買主側業者の立ち会いのもと、残代金の支払い、固定資産税、都市計画税、管理組合費の日割り計算、敷金、保証金の引き継ぎ、仲介手数料残額の支払い、登記に必要な書類の引き渡し、鍵の引き渡しを行います。
鍵の引き渡しはコピーをしたものすべてと、駐車場やトランクルームなどの鍵も引き渡します。マンションのポストの鍵番号なども引き継ぎを行います。
司法書士は抵当権設定と所有権移転を行い、後日、登記完了証(抵当権、所有権)、登記識別情報通知が発行され、郵送されてきます。

売主が注意すべきこと

ここで紹介した書類はどれも大事ですが、なかでも権利証(登記識別情報)がないと、引き渡しができません。間違った書類などを持参しないよう、事前に不動産業者に確認をしておきましょう。権利証は1通の場合もありますし、2通の場合もありますので、あらかじめ不動産業者に確認をするようにしましょう。
また、引き渡しは銀行の一室を借りて行うケースが多いです。すぐにお金を振りだせるよう、通帳や銀行印も持参するとよいでしょう。不動産業者や司法書士に支払う現金はあらかじめ用意しておくとスムーズです。念入りな準備を行うことで、気持ちよく取り引きすることができるでしょう。

関連記事

Pagetop