連載講座

初心者向け・マンション売却の基礎講座

マンションを売却する際の内覧において注意することは?

マンション売却は内覧が重要!内覧者を迎えるときのポイント

マンション売却を成功させるために、内覧はとても重要です。内覧ひとつで購入希望者の心が大きく動くかもしれません。内覧で売却を成功させるためにはどのような注意が必要でしょうか?当日の準備についても知っておきましょう。

内覧の心構え

マンション売却で大きな決め手ともなる内覧では、売り手の心配りが重要です。一つは、生活感を出させないようにすることです。住みながらの内覧で生活感を出さないのはなかなか難しいですが、購入希望者の生活スタイルや趣味が売り手と同じとは限りません。購入希望者の理想とかけ離れた印象を与えてしまうと、購買意欲が減退してしまうものです。できるだけ、生活感がにじみでないように、掃除をしたり、片づけをしたりするようにしましょう。ただし、まったく生活感をなくしてしまうと、「この部屋に住んでいるところが想像できない」と思われてしまう可能性もあるので、ほどほどにするのがいいかもしれません。
また、部屋が一番快適に、キレイに見える時間帯に来てもらう、などといった工夫をするのも大切です。特に土日に内覧したいという購入希望者は少なくありません。売り手としては休日の日中は予定があることもあるでしょう。その場合は、夜景を見てもらうスケジュールにするのもおすすめです。
住みながらの内覧は気を遣うことも多く、面倒なこともあります。しかし、これを乗り越えれば新しい生活が待っているということを念頭に置き、前向きな気持ちでお客様をお迎えしましょう。購入希望者は売り手がどのような人かという点も気にします。快く迎えることで、購入希望者にいい印象を持ってもらえるようにしましょう。

決まりやすい部屋にするための準備

内覧で決まりやすい部屋にするためには、部屋の印象が重要です。マンションの購入は費用も大きなものです。部屋が片づいていなかったり、汚かったりすると、買いたいという意欲が失せてしまいます。部屋の掃除は徹底的に行いましょう。特にキッチンやバスルーム、トイレなど水回りは念入りに掃除をしておくことが大事です。不要なものは片づける、処分するなどをして、部屋を広く見せることも大切です。
また、玄関の掃除もきちんと行いましょう。玄関は部屋の第一印象となる場所です。玄関に1歩入って、気持ちがいいと感じるか、不快に感じるかで、買う、買わないかが決まると言っても過言ではありません。さらにペットを飼っている人は、ニオイにも気をつけましょう。
不動産業者は「普段通りの状態で大丈夫です」と言うかもしれませんが、掃除が行き届いていない部屋は、売却が決まりにくいものです。掃除は手を抜かずに行いましょう。
→マンション売却の際のハウスクリーニングの必要性と相場を知りましょう

内覧当日は

内覧当日は購入希望者ができるだけ快適に、リラックスして部屋を見られるようにすることが必要です。冷暖房には気を遣い、寒かったり、暑かったりしないよう、また湿度などにも配慮するとよいでしょう。ニオイがこもらないよう、空気を入れ替えておくことも重要です。部屋は暗いよりも明るいほうがよい印象を与えます。どの部屋も照明をつけておき、明るい印象を与えるようにしておいてください。
内覧時は1人や2人での対応が望ましいです。あまり大勢で対応すると購入希望者が緊張したり、遠慮したりして、思うように内覧できないこともあります。購入希望者がリラックスできるよう、周辺の買い物スポットやグルメスポットなどの情報を提供するなど、適度に会話をしながら内覧を進めていくとよいでしょう。

関連記事

Pagetop