連載講座

初心者向け・マンション売却の基礎講座

マンション売却のさまざまな契約形態について知る

マンション売却の契約形態。その種類と内容とは?

マンションを売却する際には不動産業者などの仲介業者に依頼するケースがほとんどです。その際には媒介契約を結びます。媒介契約といってもいくつか種類があり、それぞれ内容が異なるので注意が必要です。

媒介契約の種類

マンションをはじめとする不動産を売却するためには、複雑な手続きが必要です。契約書類の作成、重要事項の説明といった業務は、専門知識がないと行うことができません。そもそも個人の力では買い手を見つけるのも難しいため、通常は不動産会社などの仲介業者にマンション売却を依頼します。その際に、売主と仲介業者の間で結ばれる契約が「媒介契約」です。媒介契約には、一般媒介契約、専属専任媒介契約、専任媒介契約という3種類があります。それぞれの特徴を踏まえたうえで契約するようにしましょう。
→マンションを売却する際の媒介契約の選ぶ基準を知りましょう

専属専任媒介契約とは?

専属専任媒介契約というのは、不動産業者1社だけに依頼する契約です。ほかの業者に依頼をしないという契約なので、不動産業者が見つけた買い手としか取り引きをすることができません。たとえ自力で購入希望者を見つけたとしても、直接の取り引きは不可能になります。契約有効期限は最大3ヵ月です。また、媒介契約が成立してから5日以内に、不動産業者は物件の情報をレインズ(不動産流通標準情報システム)に登録しなければなりません。不動産業者は1週間に1度の頻度で、状況を報告する義務もあります。
専属媒介契約のメリットは、媒介契約を結んですぐに物件情報が登録されるため、全国の不動産会社で素早く情報共有がされることです。直接依頼を受けていない業者も希望者に物件を紹介することができるので、比較的早期にマンションの売却ができる可能性があります。ただし、複数の会社に依頼ができないため、もっと良い値をつけてくれる買い手が現れたとしても、契約している会社を通さずに取り引きすることはできません。

専任媒介契約とは?

専任媒介契約とは、不動産業者1社だけに依頼をする契約です。専属専任媒介契約と違うポイントは、自分で買い手を見つけた場合、不動産業者を通さずに契約できるという点です。契約の有効期限は最大3ヵ月で、不動産業者は媒介契約が成立したら7日以内にレインズに登録しなければなりません。また、2週間に1度は、依頼者への状況報告が義務づけられています。専属専任媒介と同じく、売却活動の窓口が一つに絞られることでスムーズに進むメリットがある反面、よりよい条件で購入してくれる買い手探しは難しくなるというのがデメリットでしょう。

一般媒介契約とは?

一般媒介契約は、同時に複数の不動産業者に仲介の依頼ができる契約です。自分で見つけた買い手と契約することも可能で、契約に有効期限もありませんし、登録の義務もないことが特徴です。不動産業者は依頼者に状況を報告する義務も発生しません。一般媒介契約には、ほかに契約を結んだ不動産会社を通知する明示型と通知しない非明示型があります。
窓口が複数になるという点は、一見幅広く買い手を見つけられそうですが、一概にそうとは言えません。他の不動産業者とも契約できることから、依頼した不動産業者が力を入れてくれず、売却に時間がかかってしまうケースがあります。一般媒介契約は売却に時間がかかるという点はデメリットとなりますが、時間をかけても自由に売却をしたいという場合はメリットに言えます。早期に売却をしたい場合には、一般媒介契約は避けた方がいいでしょう。

以上のように、契約形態にはメリットとデメリットがあります。マンション売却の際には状況を踏まえたうえで、自身に合った契約形態を選ぶようにしましょう。

関連記事

Pagetop