連載講座

初心者向け・マンション売却の基礎講座

マンション売却にハウスクリーニングは必要?

マンション売却時のハウスクリーニングの必要性と費用対効果

マンション売却にあたって、ハウスクリーニングを依頼するべきか迷う人は多いでしょう。不動産仲介業者からハウスクリーニングを提案されることも多いものです。キレイに見せるために効果的なハウスクリーニングですが、お金をかけるだけの価値があるのか判断してから実施しましょう。

売却時のクリーニングは必須?

マンション売却時のクリーニングは必須かどうか、という問題はどの物件でも同じ答えが出るわけではありません。ハウスクリーニングにはコストがかかりますし、そのコストは決して安くないものです。ハウスクリーニングをプロに依頼して室内をキレイにすれば、必ずその物件が高く売れるというわけでもなく、購入希望者が増えるとも限りません。しかし、中古物件には人の住んでいた名残りがありますし、汚れもあります。その形跡が明らかに不快感を与える場合には、物件のイメージが悪くなることは確かといえるでしょう。
中古物件の売買では、内覧を行おこなうことが一般的です。内覧の印象で、購入を決断する人もいるため、部屋をキレイにしておくことは重要です。特に重要となるのは、洗面台やトイレ、お風呂場などの水回りです。ほかにも玄関は家の顔ともいえる場所なので、汚れていると印象が悪くなります。いずれも毎日使うところなので、できる限りキレイにしておきたいものです。
自分でクリーニングを実施することも可能ですが、素人の清掃では落としきれない汚れがある場合には、プロのクリーニングに頼ったほうがよいこともあります。ひどい油汚れやサッシの汚れが目立つようなら、ハウスクリーニングを考えてみましょう。どんな業者に頼んでよいのかわからなければ、仲介を頼んでいる不動産業者に相談するのもおすすめです。

ハウスクリーニングの費用相場

マンション売却にあたって、ハウスクリーニングを考える場合には、費用相場をチェックしておくことが大切です。クリーニングは、すでに空室の場合と、居住しながらやってもらう場合で価格が異なります。
 

・ワンルーム~1DKの場合
ワンルームから1DKまでは、空室で15,000円~35,000円、居住中で20,000円~40,000円くらいとなります。

・1LDK~2LDKの場合
1LDKから2LDKまでの物件では、空室で25,000円~65,000円、居住中で35,000円~70,000円くらいとなります。

・3LDK~4LDKの場合
3LDKから4LDKまでの物件では、空室で50,000円~90,000円、居住中で70,000円~120,000円くらいとなります。

以上はあくまで目安の料金です。オプションとして、1万円~2万円程度で抗菌コーティングをおこなう場合もあります。また、プランに含まれている清掃個所を確認しておくことも忘れないようにしましょう。トイレやキッチンはそれぞれ1か所まで、エアコンの洗浄は別料金などと決めている業者も多いです。

クリーニングにコストをかけすぎないよう注意

マンション売却では、クリーニングにコストをかけすぎないよう注意することも大切です。どの程度掃除をすればよいのか、コストに見合った効果が出るのか、考えておこないましょう。室内がキレイな物件は魅力的に見え、売れやすくなりますが、必ず高く売れるというわけではありません。また、クリーニングをしても、落とせない汚れもあります。ハウスクリーニングにかけたお金が相応の価値を持つのか考えてから依頼しましょう。
また、ハウスクリーニングをせずに購入希望者との値段交渉でクリーニング代の分だけ安くしたほうがスムーズに売却が進む可能性もあります。ハウスクリーニングが必須ではないということは覚えておきましょう。

関連記事

Pagetop