連載講座

初心者向け・マンション売却の基礎講座

マンション売却の業者選びについて

マンション売却の業者の選び方とは

信頼できる不動産仲介業者を選ぶために知っておきたい、仲介業者に関する基礎知識をご紹介しています。

マンション売却の業者選びのポイント

マンション売却の成功は、一にも二にも業者選びがポイントだと言われています。販売活動や買い手との交渉、価格設定などは、不動産の売却に関する戦略はほとんど業者の提案をもとに進めていくことになります。ですから、マンション売却の重要なパートナーを上手に選ぶことが成功に大きくかかわることは間違いありません。

あらかじめ調べておきたい3つのチェックポイント

仲介業者を選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介しています。少しでも有利な条件で売却できるように、質が高く信頼できる仲介業者を選びましょう。

チェックポイント1:免許番号と行政処分歴

不動産会社が信頼できるかどうか知るためのわかりやすいチェックポイントには、免許番号と行政処分歴があります。民間業者が不動産取引を行う場合には、免許が必要です。この免許が正式なものかどうか確認することで、無免許業者かどうかがわかります。

免許を交付した行政庁では、業者名簿を閲覧することができます。この名簿には過去の業績や行政処分歴が掲載されており、問題がある業者ならすぐにわかってしまいます。また、国土交通省や一部都道府県では、行政処分歴はインターネットでも見ることができます。

チェックポイント2:得意分野に合わせて選ぶ

不動産業者の中でも、それぞれ業務内容が違うため、得意分野が異なります。それぞれの業務内容をまとめると、以下のようになります。

●分譲業者:マンションデベロッパーや建売業者・開発業者

●買取再販業者:売れ残りの新築や中古物件、競売物件の買取再販

●仲介業者:売買物件や投資用物件、事業用物件の仲介

●その他:企画開発、不動産投資ファンド、テナントや商業施設の運営など

マンションの売却を依頼するなら、売買物件の仲介を手がける業者を選ぶようにしましょう。また、仲介業者の中でもそれぞれ得意分野があり、土地・戸建を中心に扱う業者とマンションを中心に扱う業者があります。

マンションを中心に扱う業者は、特に投資用物件として早い回転で物件を売却している業者があります。仲介はもちろん、自社買取りをして他社に不動産を卸す、不動産の問屋のような役割を果たす業者もあります。

売却の相談をする段階で、取扱い物件や実績について業者に確認しておくといいでしょう。

チェックポイント3:便利な一括査定

不動産の査定額は、実は業者によって大きく差が開くことがあります。査定には経験や知識が必要で、業者ごとに判断も変わります。そのため、査定が適切かどうかを判断するためには、複数社の査定を比較する必要があります。

そこで便利なのが一括査定。複数社に同時に査定を依頼して、査定額を比較します。極端に査定額が高い、あるいは低い業者には注意をして、相場に近い査定額の業者を中心に検討しましょう。査定額で業者を絞り込んだら、あとはその査定の根拠を尋ねたり、不安や疑問について質問をしてみましょう。その対応の良し悪しも、業者選びのポイントになります。

マンション売却に必要な書類

仲介を依頼する業者が決まれば媒介契約を結び、買い手が見つかれば売買契約を結ぶことになります。では、契約には何が必要になるのでしょうか。ここでは、マンション売却に必要な書類をまとめました。準備に時間がかかるものもあるので、マンション売却を思いたったら、これらの書類は準備するようにしましょう。

 

●身分証明書、実印、印鑑証明・住民票(発行から3か月以内のものを使用)

●登記済権利書、または登記識別情報

●固定資産税納税通知書、または固定資産税評価証明書

●土地測量図、境界確認書

●マンションの管理規約などが記載された書類、マンションの維持費などの書類

●耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書

 

これらの情報は、買主にとっては必ず確認しておきたい情報ばかり。売主として、こういった書類を揃えることは大切なことです。買い手が現れた時にすぐに提示できるように、あらかじめ用意をしておきましょう。

関連記事

Pagetop