連載講座

初心者向け・マンション売却の基礎講座

マンションの買取と売却の違いについて

マンション買取と売却について

マンションを手放す際の「買取」と「売却」の方法について解説しています。「どちらの方法が高く売れるの?」と悩む方必見です。

買取と売却の違いとは?

不動産会社や買取業者が買主になる「買取」

不動産会社や買取業者などが売主から直接不動産を購入する方法を買取と言います。売主が持っているマンションを査定し、算出された価格で不動産会社や買取業者が購入するという仕組みです。直接売買のため仲介手数料がかからず、査定額の100%となる成約金が売主に支払われます。時期によっては、約2週間~1ヶ月程で査定してスピーディに買い取ってくれる不動産会社や買取業者も。買い取られたマンションは賃貸物件として運用されたり、リフォーム物件として再販されたりします。

不動産会社の仲介で購入希望者を探す「売却」

不動産会社に依頼してマンションの購入希望者を探す方法を売却と言います。一般的に不動産を手放す際に行われているのがこの方法。不動産会社が仲介となって広告宣伝を行い、買主を探すという仕組みです。買主が見つかって成約が決定したら、売主は国土交通省の規定で定められた仲介手数料を不動産会社に支払う必要があります。売主は購入希望者が見つかり次第マンションを手放すことになるので、場合によっては買取よりも売れるまでに時間がかかりますが、買取よりも売主の手元に入る価格が高くなることがほとんどです。

買取をする場合

買取のメリット

売却スピードが早い

マンションを手放すまでの期間が短く、引き渡しの時期が明確なのが買取のメリット。不動産会社や買取業者などが直接物件を購入してくれるため、成約までの時間が短くスムーズなのが特徴です。「転勤でなるべく早く引っ越さなければならない」「家庭の事情でマンションを手放したい」という理由がある方にオススメでしょう。仲介手数料がないため、引っ越し前で何かと出費が多い時期でも無駄な費用がかかりません。

また買取の場合は、売主がマンションの水漏れや壁の破損といった欠陥を修復する瑕疵(かし)担保責任がありません。そのため、破損を補修しなくてもマンションを引き渡すことができます。事故物件でも買取ってもらうことが可能です。

買取のデメリット

仲介による売却よりも得られる成約金が低い

買取を依頼した不動産会社や買取業者などが査定して売却価格が決まるため、仲介による売却よりも成約金が低くなる可能性があります。欠陥がある場合は査定の際に補修費用が差し引かれるため、成約金はさらに低くなるでしょう。

また、通常は即時買取が主ですが、売却依頼をしてから一定期間販売活動を行っても買い手がつかなかった場合、事前に約束した価格で不動産会社が買い取る「買取保証」になる場合も。そうなると、当初の相場よりも値が落ちることが想定されます。

売却をする場合

売却のメリット

手元に入る成約金が高い

売却のメリットは、相場より高い価格設定で販売できるため得られる成約金が高い点です。不動産会社の仲介がある場合は広告宣伝が行われるので、築浅物件・好立地などの好条件がそろえば多くの購入希望者が集まることが予想できます。

また仲介の契約形態によっては、「レインズ」と呼ばれる不動産取引情報提供サイトに売却物件の情報を掲載できます。そこから不動産紹介サイトなどに転載され、ネット上で広く周知されることになるため、全国はもとより海外の投資家からも買い手が付きやすくなるでしょう。

売却すると譲渡に関する税金が発生しますが、実際に居住していたマンションを売却する場合、条件に応じて譲渡税の軽減や繰り延べ、繰越(くりこし)控除などの措置が講じられることもメリットです。

売却のデメリット

マンションを手放すまでに時間がかかってしまう

購入希望者が現れるまで時間がかかるのが売却のデメリット。売却を行う際、多くの売主は不動産会社と仲介契約を結ぶことになります。しかし、複数の業者に依頼ができる「一般媒介契約」を結んだ場合、いつまでも買い手がつかずマンションの価値が下がってしまうことも考えられます。

このような点を解消するためには、やみくもに複数の業者を選ばずに購入希望者が見つかりやすい不動産会社にしぼって専任媒介契約を結ぶことがポイントです。

マンションを売るなら「売却」がお得

手元に入る成約金が高い「売却」がオススメ!

「少しでも高値でマンションを手放したい」という場合は、買取よりも売却を検討するのがオススメです。査定士が相場に照らし合わせながら適正価格を打ち出して売り出すので、不動産会社が直接買取を行うよりも売主の手元に多く成約金が入ります。立地の問題や売買条件などの理由によっては成約までの期間が長くなりますが、売り込みのノウハウを持っている不動産会社と専任媒介契約を結べば売却スピードははるかに高まります。

売却には仲介手数料や瑕疵担保責任が発生するというデメリットがありますが、これまでの居住に大きな問題が発生していなければスムーズに売却手続きが進むことでしょう。デメリットを先行させないために、仲介をお願いする不動産会社を見極めることや、媒介契約を結ぶ際の契約形態をきちんと確認することが大切です。

関連記事

Pagetop